趣味

2009年3月15日 (日)

折句ごころに火がついた♪

Photo

キフジンさまの部屋「折句」なる言葉に出会い、少し(かなり)はまっています(笑) で、私の「拙ブログ」でもご披露して、皆様の秀句を広く募集することにいたしました。 本当は5・7・5の三文字の頭の文字を拾うとお題になるそうですが、現在は5・7・5・7・7が一般的なようです。

では、お手本にもなりませんが、拙句でお眼汚しを・・・

 なごり雪        なんだって

 たたずむキミと    頼んだ事を

 猫ひとり        ネグるのよ

 続く線路に       つくづくあきれる

 雪ふり止まず      YOUの性格

Photo_4

 振り向いた    ふらついて 

 君の横顔     昨日の夜の

 残り香を      飲み屋街 

 止め置くような   徳利片手に

 泡沫の恋      うなる演歌か

Photo_8

 身勝手と        水色で

 ずいぶん恨んだ    すいすい紙を

 主さんを        塗りにける

 ルージュ引くたび   留守番の子の

 無理して笑う      無邪気な笑顔

Photo_9

 とても、好き       飛びついて

 今日もあなたは     キスをせがむか

 のんびりと        のっけから  

 変わらぬ笑顔で    駆け寄ってきて

 寝転んでいる      ねぶるヒナさん

Photo_10

 独り言          人の世を  

 くり返しては       ぐっと見ていた

 レコードに        連絡船  

 どうすりゃいいのと   ドック離れりゃ

 聞いているキミ     汽笛がむせぶ

という、ところですが、如何でしょうか? こんなの簡単、お茶の子さいさい、と皆様も投句をいただけたらと思います。 またまたバカな世迷言に是非、お付き合いの程をお願い致します。

では、又♪

Dsc04354  

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年8月 8日 (金)

「ゆらゆら写真」で、ひと遊び♪

Photo_3

暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑い夏。 いかがお過ごしですか?

冒頭の写真、いかにも水辺の菖蒲の様ですが、実は以前ブログで発表した「菖蒲町」のショウブです。 ブログのお仲間から教えていただいたソフトを使うとこんな写真に変身してしまうのです。

続いて、第二弾! 

Photo

勿論、これも川辺の花火ではありません。 このソフトを使うと下半分が川面に揺れる写真になってしまうのです。

暑い夏の夕べ、こんな写真で遊んでみてはいかがですか?

サイト名を付記しておきますので、興味のおありの方はお試し下さい。

http://watereffect.net/

では、又♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年2月 3日 (日)

寿鶴に娘の幸福を見た♪

Photo_4

「おりがみギャラリー」第二弾をお届けします。

「本屋のオバさん」から、娘さんの結婚式に紅白の折り鶴を添えたいとのコメントがありました。 それでは、「寿鶴」も候補にどうかと急いでUPしました。

だから、このページはオバさんに向けたエールとお考えいただいても結構です。 でも、ぶんぶん家は立ち寄り自由ですので、他の方のコメントもドンドン受け付けていますよ~(笑)

   11_212_213_2                                 

 

 

 

翼が末広がりで、見た目には孔雀のようですがれっきとした鶴です。 古来祝い事の席に飾ったり、翼をもっと広げてお菓子など乗せて使ったりしたそうです。 表と裏、赤と白、金と銀、など華やかな彩を選ぶと豪華になります。 レースペーパーを使ってもおしゃれですね。

Photo_5

こちらは、夫婦鶴の千代紙を使って折ったものです、また雰囲気が違ってきます。

   21_222_223_3                                

 

 

 

オバさん、複雑なお気持ちもおありでしょうが、子供はいつか巣立って羽ばたいて行ってしまうものです。 嬉しい気持ち半分、淋しい気持ち半分、この鶴のように両方の彩でご結婚を祝ってあげて下さい。 素晴らしいお式になりますようにお祈りしております。

ところで、挙式の予定はいつ頃でしたっけ?

肝心のところが分かっていないのにはしゃぎ過ぎの感があるぶんぶんでした。

というところで、取り急ぎ追加分でした。今回は『折り鶴』の種類が沢山ある事を再発見しました。 「釧路のお姉さん」にも感謝しなければいけませんね、有難うございました。

では、又♪

P1020356

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年2月 2日 (土)

伝承折り紙に未来を見た♪

Photo

今日は「折り紙」の世界で遊びたいと思います。

釧路のお姉さんの得意技ですが、またまた触発されて折ってみました。 「折り紙の指輪」もありますよ~って言っちまったら、「見せて~」となってしまいました。 指輪を折っている内に他のも、といった次第です。相変わらずの「乗りすぎ」ぶんぶんです♪

   11          12          13                 

 

 

 

 

 

これが、件の指輪です。 NHKの趣味の時間に放映された物を見よう見まねで折ってみました。 その時は、「へ~、こんなのも有りか」くらいだったのですが、いざ折ってみると奥が深いですね。 よく日本人の手先の器用さが引き合いに出されますが、「そうかも・・・」と気付かされました。 折って、たたんで、ひっくり返し、戻して折ってまたひっくり返し。 根気とやる気と手先の器用さが無いと無理な代物と改めて感じました。

 2122 23                                

 

 

 

これは、昔ながらの「おりは鶴」です。 扇子のように翼を広げた、湖水を滑るような鶴の一瞬をイメージしたようなものです。優雅さが感じられれば良いのですが・・・

   313332                                   

 

 

 

折り鶴の変形版、紅白の「祝い鶴」です。 「釧路のお姉さん」も言ってたように2枚重ねはエッジが立たないのでチョッピリ苦労しました。 これは「左右色違い」のバージョンですが、「前後色違い」のバージョンもありますよ。

  4142                       43           

 

 

 

お次は、椿と葉っぱを合体した複雑系のものです。 葉っぱはともかく「花」がやや手強いです。 果たして「椿」に見えますでしょうか?

まだまだ寒い日々が続きます、たまには「オコタ」でこんな遊びも一興かと思います。 急な冷え込みで皆さん風邪など召しません様に・・・ ご自愛下さいませ。

では、また♪

Photo_2

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|