築地・銀座

2012年12月13日 (木)

生まれ変わった「東京駅」♪

Top
昨日(12/12)銀座・汐留に「イルミネーション」を観に行って来ました。 早めに家を出て途中下車して、新しくなった東京駅を見て来ました。

1 2
10月1日にグランドオープンした、丸の内駅舎は開業当時のように復元されました。

3 4
当時の様子を残す煉瓦の壁。

5 6
丸の内・南口の円形ドームの天井部分です。

71_4
中央には鷲や方角を表す干支のレリーフも刻まれています。

7 8
徐々に寄って、真下から見上げた天井です。 真ん中は車輪ですかね。

9 10
南口を出て、駅舎の外観です。

11 12
北口のドームから南口へと続く煉瓦の壁面です。

131
横に長過ぎてフレーム収まりません。 もっと引くと駅自体が小さくなって外観が判らなくなってしまいます。

13 14
東京駅ステーションホテル、
ロイヤルスイートルームは、1泊・80万8500円とか・・・

15 16
南口から中央口。

17 18
中央口から南口。 ドームの屋根は35mもあるそうです。

191
丸の内・中央口、記念写真を撮る人でいっぱいです。

19 20
中央口の堂々とした佇まいです、大正時代の趣ですね。

23 24
北口改札のドーム、東西南北を示す干支のレリーフは南北ドームとも一緒です。

そろそろ、東京駅を離れて、有楽町(銀座)方面へ移動します。 イルミには早い時間(15時頃)なので、ツリーを見ながら行くことにします。

その報告は次回で! 
いつもありがとうございます。

では、又♪

End_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年7月28日 (土)

美ら海水族館と汐博♪ 銀座ソニービル・汐留

Photo
会社帰りに.銀座のソニービルに行って来ました。 7/16~9/9まで「Sony Aquarium」が開かれています。 メルマガ会員には特別プレゼントというメールが入りましたので、のこのこと・・・(笑)

1 2
ビルの前の広場に巨大水槽が置かれています。 裏から覗くと銀座の街を魚が泳いでいると錯覚してしまいます。

3 4
通り過ぎる人たちも、ふと足を止めて覗き込んでいます。期間中に入れ替わる魚もいるそうで、何回も楽しめる催事です。

5 6
二匹のシーサーがエントランスホール前でお出迎えです。

71
エントランスホールの熱帯魚水槽、タツノオトシゴもいるそうですが、見つかりませんでした。

7 8
実物大のジンべエザメの模型、この前で記念撮影も出来ますよ。

9 10
暑い季節に水槽を眺めていると、心なしか涼しくなって来るから不思議ですね。

11 12
はい、これがメルマガ会員にプレゼントされたフュギアカプセルです。 中身は「マナティー」でした。 このカプセル1階のホールに巨大ガシャガシャマシーンが据え付けられている、そのカプセルと同じものです。中身はいろいろで、ジンべエザメやカマイルカなど13種類あります。

001_3
こちらは、スタンプラリーの景品の「美ら海シール」です。水族館の人気者が勢ぞろいです。

131_2
ところ変わって、こちらは汐留です.。折りしも「汐博2012」が開催中です。 7月25日~8月26日まで、
家族から友達同士、カップルまで老若男女問わず誰でも楽しめる、日テレの人気番組テンコ盛りのイベントです。

13 14
エヴァンゲリオンの巨大スライダー、
綾波レイが18.5メートルもの大きさになって汐留に登場!約16メートルのスライダーを豪快に滑走!滑走認定証も貰えます。

15 16
汐博のモニュメントにもなる屋外ステージでは、日テレアナウンサーとの触れ合いステージも用意されています。 
もちろん特別フードコーナーも出店していますよ。

夏休み、銀座・汐留に、ご家族そろって出かけてみてはいかがでしょうか。
いつもありがとうございます。

では、又♪

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年6月 6日 (水)

初夏の庭園より♪ 中央区・築地

1

2 3
築地の庭園便りが滞っていました。 そこで、日々の流れの風景を切り取ってみました。
先ずは、「カルミア」からスタートです。

4

5_2 6
「未央柳」=ビョウヤナギ、梅雨時に鮮やかなイエローと風にたなびく雄しべが一際目を引きます。

7

8 9
「紫陽花」=アジサイ、雨が似合う花と言ったらこれしかありませんね。小さい紫を集めたという意味合いの花名と言われています。

10

11_2 12
「フェイジョイ」、初夏の日差しを浴びてすっくと立つ花姿が何とも凛々しい感じがします。

13

14 15
「更紗空木」=サラサウツギ、空木(卯の花)の仲間ですがこちらは八重咲です。 何とも涼しげな風情を感じます。

16

17 18
「金糸梅」=キンシバイ、前出の「未央柳」と似ていますが、葉の着き方とか花弁の開き具合や雄しべの長さが違います。 咲く時期は、ほとんど一緒です。

19

20 21
「アガンサス」、コリント様式の柱の模様を思わせる夏の花、ギリシャ・コリント地方の彫刻家がこの花を模して作ったものとされています。

以上、初夏の庭園からの便りでした。

いつもありがとうございます。
では、又♪

2012513

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年4月 6日 (金)

春の浜離宮恩賜公園♪  東京都・築地

2
先日の昼休み、会社近くの「浜離宮庭園」へ花見に行って来ました。 一面の菜の花に癒されました。

1 2_2
広い通路と通船掘り、大都会の真ん中だというのに、木々の密集のせいか周りの喧騒が庭園内部には届きません。 静寂が何とも言えない贅沢です。

3 4
園内に入って直ぐの「菜の花畑」です。 真ん中には遊歩道も通っています。 黄色い菜の花は元気を与えてくれますね。

5 6
黄色い小花がどこまでも続いています。

71
ソメイヨシノも咲き出しました、ビルをバックに少しの風にも揺れています。

7 8
菜の花畑を後にして、四阿(あずまや)方向に歩きます。 ユキヤナギが元気いっぱいです(笑)

9 10
八重の桜が目に飛び込んで参りました。 ようやくの春ですね。

11 12
通路をふさぐような桜のトンネルです。

131
陽に透ける染井吉野が静かに微笑んでいます。

13 14
ついつい、都会の「ど真ん中」だということを忘れてしまいます(笑)

15 16
慌ただしい昼休みも終了時間です、そろそろ職場に戻ります。

いつもありがとうございます。
では、又♪

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年4月 4日 (水)

枝垂桜が咲きました♪ 築地の庭園

Photo
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、このところ暖かい日が多くなった築地の庭園です。 「土佐水木=トサミズキ」も、すっかり花開いています。

1 2
「山茱萸=サンシュユ」の花も咲き出しました。

3 4
小さな花ですが、アップにするとこんな感じです。

5 6
「木瓜=ボケ」の花も陽光の中、たくさん花を着けています。

71
若葉も新緑の季節を迎えています

7 8
「土佐水木=トサミズキ」も見頃を迎えました。

9 10
高い枝先に「桃=モモ」でしょうか、綺麗なピンクに染まっています。

11 12
普段ならいち早く春を告げる「白木蓮=ハクモクレン」も、やっと花びらが開きました。 

Photo_2
このところの温かさのせいか、「枝垂桜=シダレザクラ」が花を咲かせました。 もう直ぐ満開でしょうか。

1_3 2_3
先週までは、ちらほらだったのですが、四月を待って一気に咲き出しました。

15 16
遅ればせながら「雪柳=ユキヤナギ」も、やっと花を着け始めました。 今年はどの花も2~3週間くらい開花が遅れているようです。

1_4 2_4
「石楠花=シャクナゲ」の花も、ほころんで来ました。

17 18
ヒイラギかなと思いましたが、花を見て「柊南天=ヒイラギナンテン」と判明しました。 江戸時代に中国から渡来したとか。

19 20
地下鉄の改札口前で、変わった自販機を見つけました。 本の自動販売機です、中の本はハウツー物が多かったです。 しかし、中身も確かめず買う人がいるのでしょうかね。

いつもありがとうございます。
徐々に春めいて参りました、今週から来週が「お花見」のシーズンでしょうね。 少し遅めの桜の開花、皆様方の地域の桜は咲きましたか。

では、又♪

Photo_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

ひと足お先に“春爛漫” 中央区・築地

Top
社前の「千代橋=せんだいばし公園」の「河津桜」が咲き始めました。 春はそこまで来ています。

1 2
「中央市場通り」沿いの銀座中学校側に桜が植えてあります。 河津桜は、もともと早く開花しますが、それでも今年は少し遅いですね。

3 4
それでも、春の陽に映えて優しい桜色に染まっています。

5 6
未だ、満開とは言いづらく七分咲きくらいでしょうか。 ソメイヨシノと比べ優雅な雰囲気の桜です。

7 8
公園内の風力発電機「トロン」です。 太陽光と風力で時計と街路灯の電力を供給しています。 はい、午後の1時30分です、お昼休みに撮りました。

91
公園の全景、通りを挟んで向かって右側にも公園があります。 工事中のブルーシートの前に河津桜が小さく見えるのが判りますでしょうか。

92_2
所変わって、いつもの庭園、梅の花が咲き誇っています。

9 10
この枝ぶりが見事ですね。 馥郁とした香りが漂っています、と言っても「花粉症」の鼻にはかすかな香りにしか感じられません(泣)

11 12
こちらは、「木瓜=ぼけ」の花です。 寒木瓜なのでしょう冬場も咲いています。

13 14
青空を背景に梅の花が静かに風に揺れています。

151
風はあるものの、日差しが強く「ぽかぽか陽気」のお昼休みです。

15 16
心なしか梅の花も微笑んでいるみたいです。

17 18
八重の梅も豪華で暖か味を感じますね。

19 20
紅梅の木も、少しですが植わっています。 こちらのピンクも白との対比で綺麗に感じます。

21 Dsc02736
「沈丁花=じんちょうげ」の花も、やっと咲き出しました。 本来なら2月の終わり頃には咲き出すのですが、今年は花の開花が全体的に遅いですね。

といったところで、お昼休み終了です。 そろそろ午後の仕事に戻ります。
いつもありがとうございます。

では、又♪

End

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月22日 (水)

築地ランチ レストランアラスカ・朝日新聞社店

Top_2
今日はお膝元・築地にある「朝日新聞社」の2階コンコース(一般の方も通り抜け自由)にある、レストラン「アラスカ」のカレーバイキングをご紹介いたします。

1_2 2_2
ここ、アラスカは比較的高級店で、普段はカレーライスが2100円もします(笑) 当然しがないサラリーマンである「ぶんぶん」はお出入り出来ませぬ(泣) しか~し、毎週月曜日は「カレーバイキングの日」という特別コースがあるのです。

3_2 4_2
はい、毎週月曜日の11:30~14:00まで3種類のカレーとサラダ、デザートやコーヒー他のドリンクが食べ放題の飲み放題なんです。

5_2 6_2
お皿やグラスが並んでいます、はい完全セルフサービスです。 ご飯もルーもお好みの量をご自分で。 食前にジュース、コーヒー、ウーロン茶もお好みで、勿論、食後もOKです。

71_3
店内は程よい照明で、落ち着いた雰囲気です。 立地上「朝日新聞社」に勤めている方が多いです。 12時過ぎは混み合いますのでお早めにお出掛け下さい。

7_3 8_2
本日の一皿目、「クリーンカレー」です。 エビとアサリなどシーフードの入ったスパイシーなカレーです。 オレンジジュースと杏仁豆腐をチョイスしました。

9_2 10_2
二皿目、「野菜カレー」ごろごろした具の触感がGU!です。 続いて三皿目「ポークカレー」一番オーソドックスなカレー、スパイスよりコクのある辛さが余韻を残します。 今日の種類は以上の三種ですが、その週によって違います。 別に一回りでは無いので、もう少しという方は何回でも、おかわりOKですよ。 

11_2 12_2
満足して食後のデザート、アイスクリームと杏仁豆腐、そしてコーヒーを。 アイスはバニラとストロベリー、ひとつづつ一皿に乗っていたのですが、二回行くのが面倒で一緒盛りにしてしまいました。 良識のある紳士淑女の皆様方は真似をなさりませぬように(笑)

 これで、一人1,000円(税込)です。 いかがですか、お出掛けになる価値は十分あると思います。 是非、一度築地まで、足をお運びいただきまして、ご賞味下さい。

 いつもありがとうございます。

 では、又♪

End_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月13日 (月)

築地ランチ 帝里加(デリカ)♪ 中央区・築地

Top
先週の金曜日です、会社近くの中華屋さん「帝里加」=デリカで、昼食にしました。

1 2
会社の裏手の道を汐留方向に歩きます。 上に高速、地下は駐車場です。

3 4
沢山並んだ違法駐輪の自転車の切れ目に地下駐車場の入り口があります。 ここ、すなわち「帝里加」の入り口です。

5 6
地下駐車場の傍らに中華料理店「帝里加」があります。

71
本日のおすすめランチ「鶏肉と青梗菜(ちんげんさい)の玉子炒め定食」
です。

7 8
店の入り口と「本日お奨めランチ」です。
A 肉とナス味噌炒め定食
B 鶏と青梗菜の玉子炒め麺
 
E 鶏と青梗菜の玉子炒め定食
全て、550円です。

9 10
サービス定食のメニューと、私の選んだ本日のランチ「E 鶏肉と青梗菜の玉子炒め定食」550円也。

11 12
如何ですか、美味しそうでしょ、お腹も満足のボリュームです。

社から歩いて5分もかからない、隠れ家的な中華屋さんです。 社内に出前もしているそうです。

いつもありがとうございます。
こんな定食があるから、社員食堂のラーメンなんか食べられませんね(笑)

では、又♪

End

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 9日 (木)

スヌーピー&招き猫ダック♪ 中央区・銀座

Top
先日行って来たソニービルの「スヌーピーフェア」その時は知らずに帰って来てしまいましたが、ソニービルの地下、地下鉄コンコースの柱がスヌーピーアートになっている事が判明いたしました。 で、地下通路を歩いて会いに行きました(笑) その模様をお知らせいたします。

1 2
アートは全部で14枚、特に説明は要しないと思います。 ぶらぶらと歩いている雰囲気でご鑑賞下さい。 各アートのテーマは「大好きってふたりだけの歌のあること」「大好きってレースの縁取りのあるバレンタイン」です。

3 4
大好きって一番大事なコミック雑誌を貸してしまうこと」「大好きって一緒に雨の中を歩くこと」

5 6
「大好きってさよならを言うのがいやなこと」 「大好きって他の人と気が合うこと」

71
ソニービル地下の通路は、スヌーピーでいっぱいです。

7 8
「大好きって今この瞬間に、彼が何してるかなあと思うこと」 「大好きってあの子がしあわせだって知るだけで、自分もしあわせになれること・・・でも、それはそんなにたやすくない」

9 10
「大好きって家族そろってレストランで晩ごはん」 「大好きってくすぐっちゃうこと」

11 12
「大好きって真夜中に水をいっぱい持ってきてあげること」 「大好きって手をつないで歩くこと」

14 15
「大好きってポップコーンを分け合うこと」 「大好きって全世界」

という、メッセージの入った柱が14本並んでいます。 日頃は無機質な柱もピーナッツの仲間と一緒だと楽しいですね。 このメッセージも14日までです、是非、週末にご覧いただけたらと思います。 「大好きって気の合う人と一緒にいること」=ぶんぶん

161
駅に向かう途中の「有楽町・マリオン」通路の天井に何やらいっぱいぶら下がっています。

16 17
CMでお馴染みの某生命保険会社の新キャラクター「招きねこダックX」です。

18 19
一匹、2匹ならまだしも、こんなに沢山いるとビックリしますね(笑)

というところで、今宵はお別れです。
いつもありがとうございます。

では、又♪

End_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年2月 7日 (火)

銀座ランチ 天龍のジャンボ餃子♪  銀座二丁目

Top
先日、有楽町「マリオン」で仕事がありまして、昼過ぎに終わったのですが、久々の昼の銀座といういう事で、昔良く行っていた「天龍」の餃子を食べに行こうと思い立ちました。

1 2
お店は、銀座二丁目(銀座一丁目の交差点近く)にあります。 名鉄メルサの近くと言えば分りやすいでしょうか。 マリオンから歩いても5分位です。

3 4
看板が出ています、何々・・・なんと、スカイツリーにもお店が出来るそうです。 ジャンボなツリーにジャンボな餃子、またまた楽しみが増えましたね。 はい、入り口です、壁に自慢の大きな餃子が飾られています。

5 6
入り口のレジで食券を購入します。 餃子は大振りの物が8個で一人前、1,050円、ライスとセットで1,120円です。

71
はい、ギョーザ・ライスです。 私は、醤油・酢・洋ガラシでいただきます。 ラー油もありますが、昔、先輩から教わった通りの天龍の食べ方です。 他のお客さんの食べ方も「洋ガラシ」が多いようです。

7 8
比較のためにタバコのパッケージを置いてみました。 どうですか、大きいでしょう? ちなみに、タバコは10cmのロングサイズです。

9 10
ひと口食べるとジュワーっと、肉汁が口いっぱいに広がります。 半分まで来ました、やや満腹感が感じられますが、もう少し食べたいという気持ちの方が強いです(笑)

11 12
はい、完食です! かなり満腹です。 会社に帰っても夕方までお腹が空きませんでした(笑) 女性一人では持て余してしまうかも知れませんね。 男性と一緒に二人で1.5人前とライスが良いかも知れませんね。 いえいえ、私は大丈夫という方は、その限りではありませんが・・・

天龍の餃子は、上質な豚のもも肉と毎日産地から直送される新鮮な白菜に長葱と醤油を加え石臼で約40分挽いてできる餡(あん)を厚めの皮でくるみ、ジューシーに焼きあげます。
ニンニクなどの香味野菜を一切使用していないので臭いの心配は無用。 女性のお客様にも長年ご贔屓にされています。 銀座で食べる本格北京料理をぜひ一度お召し上がり下さい。
営業時間は年中無休 11:30~21:30(日・祝は~20:30)です。
電話は03-3561-3543
お店のホームページは http://ginza-tenryu.com/index.html です。

いつもありがとうございます。
銀座にお出掛けの節は是非、話のタネにご賞味下さい、ほんと美味しいですよ。

では、又♪

End

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧