« 7月の読書記録 読書メーターより | トップページ | 切り絵の日々♪ »

2016年9月 1日 (木)

8月の読書記録 読書メーターより

1
「珈琲屋の人々」商店街の人々を巡る話。 良かったです。

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:4463ページ
ナイス数:1900ナイス

剣客商売 24 (SPコミックス)剣客商売 24 (SPコミックス)感想
寄る年波には勝てず、ある日急激な眩暈に襲われる小兵衛。 もう自分の身体は若くないと感じる小兵衛、そんな折、旧友が襲われ逃げ込んでくる。 世継ぎ問題も起こりお家騒動の形相も・・・老いたりとはいえ、剣戟の棲ざましさ健在、いつまで小兵衛の活躍が見られるか。
読了日:8月3日 著者:大島やすいち,池波正太郎
大江戸美味草紙(むまそうし) (新潮文庫)大江戸美味草紙(むまそうし) (新潮文庫)感想
川柳を題材に、日々の生活を歳時記風に綴った江戸草子。 川柳の解釈や江戸っ子の粋を日向子流に解説する。 そこに居座っている心地良さが感じられる、図版やイラストが多くて直で判るというもの。 江戸情緒に浸り、ますます杉浦日向子の古本を探す旅は続く。 
読了日:8月4日 著者:杉浦日向子
乙嫁語り 8巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 8巻 (ビームコミックス)感想
「姉妹妻」編も一段落、シーリーンとアニスの関係がいつまでも続く事を祈ります。 変わって、「パリヤ」編、縁談が遅れイライラ気味。不器用なパリヤ、大事な刺繍も上手くいかない。 相手の事を想い何とか作品にまで漕ぎつけたが・・・中央アジアの生活を見事なペンタッチで描く壮大な物語。 今回は、スミスは登場せず、旅行記気分が少ない。 パリヤ、ガンバレ!
読了日:8月5日 著者:森薫
神様のジョーカー(1) (イブニングKC)神様のジョーカー(1) (イブニングKC)感想
佐原ミズの絵柄に誘われて読んでみた。 まだとば口だけどしっくりこない、楠みちはるの原作に問題があるのかも。 第一、21歳の時の原作を持ってくるとは・・・それも、没になった原作を。 願いが叶うと言う事もあやふやだし、引換の代償もあやふや、2巻は手にしないと思う。 佐原ミズは原作付きが多いけど原作を選んだ方が良いと思います。
読了日:8月6日 著者:佐原ミズ
口入屋兇次 2 (ヤングジャンプコミックス)口入屋兇次 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
兇次のアンテナに触れた悪事の予感、調べてみると根が深そうだ・・・ 陥れられた手代の伊助を匿うが、新たな魔の手が。 兇次、第二弾は騙し合いの連続、しかし、伊助の感性が意外な所で花開く。 やっぱり、絵が良いな、岡田屋鉄蔵タッチは艶がある。 三巻に続くので、そそくさと次へ。
読了日:8月11日 著者:岡田屋鉄蔵
口入屋兇次 3 (ヤングジャンプコミックス)口入屋兇次 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
呉服屋騒動も目出度く解決、伊助とお蝶の明日に幸多かれと祈ります。 また、別件で恵まれない生い立ちのため性格が悪くなったお貞に対する荒療治、また一つ兇次の新たな面が見えてくる。 今回はアクションも少なく人情話の態を成す。 話が長帳場だったせいか、これで「完」は拍子抜けする。 もっと、兇次の胸のすくアクションを見たかったな。 またの、お目もじを期待したい。
読了日:8月11日 著者:岡田屋鉄蔵
うつけ者の値打ち 風の市兵衛 (祥伝社文庫)うつけ者の値打ち 風の市兵衛 (祥伝社文庫)感想
【図書館】風の市兵衛 十七巻目。 過去の過ちの為、脱藩そして、今は岡場所の用心棒をしている藪下三十郎。 その過ちが、そもそもの陰謀であった。 ひょんな拍子に親交を深める市兵衛、十一年過ぎてみれば国元の親や妹は・・・少し、市兵衛の解決策が手ぬるい、算盤侍に徹し過ぎたかと思う。 十一年も何のアクションも起こさない三十郎、女房、子のために生きると言うのは武士の面目に負けるのか。 金も大事だが、悪党成敗もやって欲しかった。 今回は「搦め手」が多かった気がする。
読了日:8月13日 著者:辻堂魁
高砂 (祥伝社文庫)高砂 (祥伝社文庫)感想
【図書館】 町の会所の管理人・又兵衛とおいせの人情話。 夫婦にまつわる話を中心に町の人々のあれこれを描く。 宇江佐真理の優しさと気風の良さを感じられる作品。 早すぎる死に冥福を祈ります、合掌。
読了日:8月15日 著者:宇江佐真理
珈琲屋の人々 (双葉文庫)珈琲屋の人々 (双葉文庫)感想
良い作品である、いろいろ傷のある商店街の人たちを描く。 主人公は殺人の過去を持つ珈琲店主、それに浮気の噂で離婚した初恋の女性が絡む。 各話の最後に希望の持てるラストが良い。 果たして行介は冬子と結婚するのか? 続きがありそうなので読んでみたい。 池永陽、達者な文章を書く作家です。
読了日:8月15日 著者:池永陽
跡目 鬼役(十八) (光文社時代小説文庫)跡目 鬼役(十八) (光文社時代小説文庫)感想
【図書館】跡目相続の為、卯三郎の修行は続く。 一方、蔵人介の前には最悪の連中が・・・ 修行もいろいろ、水練から猛者を相手の十人抜き、はたまた早駆けまで、果たして卯三郎は乗り切れるか。 「鬼役」も早、十八巻目、ストーリーも落ち着いてきた感じ、蔵人介に強力な極悪を充ててみたい。
読了日:8月18日 著者:坂岡真
虎に似たり―あっぱれ毬谷慎十郎〈1〉 (時代小説文庫)虎に似たり―あっぱれ毬谷慎十郎〈1〉 (時代小説文庫)感想
やはり著者の若かりし書き方、何でもかんでも詰め込み過ぎ、歩くそばから問題が起こる。 慎十郎の強さが今一判りづらい。 もうちょっと余裕を持って、荒唐無稽に暴れさせたら良かったと思う。 少し説明調が多いかな。 書き直しもしてるみたいなので続きを読んでみたいと思います。
読了日:8月19日 著者:坂岡真
命に代えても あっぱれ毬谷慎十郎(二) (時代小説文庫)命に代えても あっぱれ毬谷慎十郎(二) (時代小説文庫)感想
相変わらず、目いっぱい詰め込んでいる。 慎十郎の心理や行動が良く判るので良いのだが、エンタメに徹し切れていない。 ワクワク、ドキドキはこれでもかと言う様に溢れているだが、視点が妙にブレルのが気になる。 霧島との対決もあっさりし過ぎでは。 坂岡 真は「鬼役」の造詣に喝采を上げたいと思う。
読了日:8月21日 著者:坂岡真
珈琲屋の人々 ちっぽけな恋 (双葉文庫)珈琲屋の人々 ちっぽけな恋 (双葉文庫)感想
【図書館】 シリーズ、第2弾! 小さな商店街の喫茶店に集う人々の話。 それぞれに「悩み」を抱え苦悩する毎日、ちょっとしたズレで人の道に外れる事も、そんな時、殺人の過去がある行介のひと言が救いの手を・・・ 最終話の冬子のひと言が、これからを予感させる。 池永 陽、大人の恋を上手に演出している。
読了日:8月21日 著者:池永陽
珈琲屋の人々 宝物を探しに珈琲屋の人々 宝物を探しに感想
【図書館】 行介にライバル登場。 それは、冬子がナイフで刺されたケガを治療した担当医。 恋のさや当ての結果、行介と冬子の行く末に変化はあるのか。 問題を抱える商店街の人たちが訪れるが、一杯の珈琲を飲んで落ち着きを取り戻す。 最終話で行介が冬子に言ったのは、あれはプロポーズなんだろうか・・・
読了日:8月22日 著者:池永陽
吉原詣で 鎌倉河岸捕物控(二十八の巻) (ハルキ文庫 さ 8-48 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 28の巻)吉原詣で 鎌倉河岸捕物控(二十八の巻) (ハルキ文庫 さ 8-48 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 28の巻)感想
隠居4人で吉原詣で、又何かありそうな隣の客。 そして、浪人たちの強盗が・・・何をやっても捕り物に結びついてしまう(笑) やけに、彦四郎が目立った巻でした。 いろいろなエピソードを絡め飽きさせない工夫をしているのが感心します。 しかし、事件が起こり過ぎなのでは・・・(笑)
読了日:8月25日 著者:佐伯泰英
銭形平次捕物控傑作選 1 金色の処女 (文春文庫)銭形平次捕物控傑作選 1 金色の処女 (文春文庫)感想
ドラマや映画では見た事がありますが、原作小説は初めて。 ガラッ八と平次の掛け合いが楽しく、あっという間に読み終わりました。 名編の中から選りすぐりの傑作を厳選。 ドラマと違い、謎解きのシリアスに重点を置いているのが心地良い。 後、何巻かあるようなので読んでみようかな?
読了日:8月30日 著者:野村胡堂

読書メーター

|
|

« 7月の読書記録 読書メーターより | トップページ | 切り絵の日々♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ぶんぶんさん、こんばんは。

16冊と言うとかなりの読書量ですね。
図書館にも時代物が結構あるのですね。
今度、探してみます(^^)

投稿: スマッシュ | 2016年9月 1日 (木) 19時43分

スマッシュさん、こんにちは♪

16冊、漫画も含めてだから大したこと無いと思います。
最近は図書館に読みたい本をリクエストしています。
直ぐに読めないのが難点ですが。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2016年9月 2日 (金) 13時28分

珈琲屋の…おもしろそうですね
トライしてみようかな(^-^;
最近、目も肩もめちゃくちゃになってきちゃいましたが、やっぱり本は読まなきゃ!ね!

投稿: 台所のキフジン | 2016年9月 5日 (月) 19時49分

キフジンさま、こんにちは♪

今日は病院の定期診断でした。
採血と問診を受けました。
特に異常は有りませんでした。

本を読むのは暇つぶしですね、
無理して読む事はありません。
キフジンさまには、俳句があるのですから。
ノンビリとお過ごし下さい。
ちゃきちゃんは元気ですか。
私は未だ仕事をしてません。
果たして出来るのでしょうか・・・(笑)

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2016年9月 6日 (火) 15時15分

珈琲屋の人々!持って入所しています(^^;
ちゃきちゃんは元気印!だった頃の自分から離れられずに…ちょっと苦しんでいます。
男の人にお仕事は自分を表現するのに手っ取り早く的確に重々しく伝えるには、あればありがたい と思います(^^;

投稿: 台所のキフジン | 2016年9月10日 (土) 19時26分

キフジンさま、こんにちは♪

あら、また入所なんですね。
「珈琲屋の人々」楽しんで下さい。

ちゃきちゃんに、ゆっくりして下さいとお伝え下さい。

色々あって世の中なんですね。
難しいものです。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2016年9月11日 (日) 11時06分

ぶんぶんさん、こんばんは(^^)

まだまだ、暑いのでサンポリングは無理ですよね。
もと、いらした職場の近くに素敵なお庭がありましたね。気晴らしで都会に出るのも良いかも知れませんthink

投稿: スマッシュ | 2016年9月15日 (木) 23時03分

スマッシュさん、こんにちは♪

サンポリングは出掛けなくなりましたね~
たまに郊外の古本屋に出掛けるくらいです。
往復1時間くらいですが・・・

会社は築地にありました、出掛けるのなら
銀座、有楽町が近いのでそちらで気晴らししたいなぁ。

酒も飲まなくなりました、なかなか出掛けられませんね。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2016年9月17日 (土) 16時08分

ぶんぶんさん、こんばんは(^^)

300,000アクセスが見えて来ましたね。
読書記録はちゃんと見てますよ。
9月分もお願いしますchick

投稿: スマッシュ | 2016年9月27日 (火) 18時42分

スマッシュさん、いつもありがとうございます。

9月の読書記録をUPしました。
どうぞご覧下さい。

では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2016年10月 1日 (土) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/64141006

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の読書記録 読書メーターより:

« 7月の読書記録 読書メーターより | トップページ | 切り絵の日々♪ »