« 切り絵に染まって・・・ | トップページ | 切り絵  ミュシャに恋して・・・ »

2016年6月11日 (土)

5月の読書記録 読書メーターより

Dvc00078
五月は読書の気分では無く後半にちょこっと読んだ感じ。 結果、5冊と言う事に・・・(笑)
ひたすら「鬼役」を読んでいました。

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1580ページ
ナイス数:490ナイス

切腹: 鬼役(十二) (光文社文庫)切腹: 鬼役(十二) (光文社文庫)感想
【図書館】 ひと月以上間が空いてしまった・・・読書の虫が鳴りを潜めてのと、読書の雰囲気でなかったからです。ぼちぼち、始めようかと・・・ 矢背蔵人介の剣友が上司を斬って逐電した。 果たして何が・・・巧妙に仕掛けられた悪党の罠,好漢・蔵人介が悪党にとどめを刺す「鬼役」シリーズ、第十二弾!
読了日:5月22日 著者:坂岡真
海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)感想
四人姉妹がそれぞれに思いを抱える、どうすれば良いのか、それぞれが思い煩う。 心配事は有るけど一歩踏み出す勇気を。 経験を積みもう一つ大きくなった四姉妹。 チカちゃんが心配です。
読了日:5月22日 著者:吉田秋生
気骨: 鬼役(十四) (光文社時代小説文庫)気骨: 鬼役(十四) (光文社時代小説文庫)感想
【図書館】十三巻を飛ばしたので(図書館貸し出し中)卯木卯三郎が唐突と出現し面食らう(笑) 鐡太郎の旅立ちがメイン、志乃さん大切な薙刀を上げてしまって良いのかなあ。 ともあれ、人物の入れ替わりの時期か・・・
読了日:5月26日 著者:坂岡真
家督: 鬼役(十三) (光文社文庫 さ 26-17)家督: 鬼役(十三) (光文社文庫 さ 26-17)感想
【図書館】世直し烏、登場。 実は隣家の三男坊、一家皆殺しの生き残り。 止む無く蔵人介が預かるが・・・正義感はあるし腕も立つ、これは「鬼役」の後継者かなと。跡継ぎ問題と悪党狩りの間で一人悩む蔵人介。 ちょこちょこ現れる「遠山の金さん」と「おたま」が良い味を出して来た。 しかし悪人が多すぎるな、いくら狩っても追いつかない。
読了日:5月28日 著者:坂岡真
手練 鬼役(十五) (光文社時代小説文庫)手練 鬼役(十五) (光文社時代小説文庫)感想
【図書館】鬼役がお御籤で「凶」を引く、不吉の前触れか。 相前後して蔵人介が襲われる、絶体絶命・・・果たして脱出なるか。 蔵人介が斬って斬って斬りまくる、修羅の鬼と化す。 薙刀が帰って来た、そうだろうな、志乃に薙刀が良く似合う。
読了日:5月30日 著者:坂岡真

|

« 切り絵に染まって・・・ | トップページ | 切り絵  ミュシャに恋して・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/63762984

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の読書記録 読書メーターより:

« 切り絵に染まって・・・ | トップページ | 切り絵  ミュシャに恋して・・・ »