« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

桜満開!.春爛漫♪

Top
あっという間に花盛り! 今週中に散ってしまうところも・・・

1 2
いつものヘルシーロード、見沼用水沿いの桜並木です。

3 4
少し遅れ気味の開花模様、来週まで保ちそうです。

5 6
一本の木に紅白の桃の花、「源平咲き」ですね。

71
ところ変わって、ご近所の小さな公園。 普段は訪れる人も無いけど、花見の季節はそれなりに・・・

7 8
直ぐ横が住宅地なので通りの交通量が多いのが玉にきず。 公園に沿って遊歩道があります。

9 10
桜の花が天蓋になって、日差しも柔らかです。 桜のトンネルになっている個所もありますよ。

11 12
花の表情もそれぞれですね。

131
またまた、ところ変わって「見晴し公園」です。 「市民の森」も隣なので行くときは一緒です。

13 14
ちょっと、ハッキリしませんが「源平咲き」の花桃です。 まだ早いせいか、うっすらとしか見えませんね。

Photo
これは昨年の様子です、4月15日でした。 桜はもう散っています。

15 16
そして今年の、市民の森の桜並木、見晴らし公園の菜の花越しの桜並木。

17 18
菜の花畑でポーズをとる少女、お母さんと一緒の写真を頼まれシャッターを切りました。 お馴染みの風車も桜に囲まれています。

191
桜と風車、後ろは市民の森です。

19 20
見晴らし公園の片側は水路に囲まれています、水に写る花姿も綺麗ですよ。

21 22
風車の前の農道にある斑入りの椿の花。 ピンクに赤の絞り模様が綺麗です。

23 24
もっと紅白に分かれる花もあるのですが、今年は細かい絞り模様が多いです。

251
壮観な眺めです。

25 26
赤い花も、一本の木から咲いています。 「源平咲き」ですね。

27 28
こうして見ると、絞りもいろいろありますね。

29 30
少し赤地の多い花です。

311
菜の花と 桜と風車 春霞・・・

31 32
市民の森の前の道路は、ず~と続く桜並木です。

33 34
桜と風車の菜の花畑

35 36
市民の森の横を流れる川に架かる桜を観ながら帰る事にします。

いつもありがとうございます。
では、又♪

End

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年3月23日 (土)

195,000アクセス突破感謝号♪

001
お陰様で195,000アクセスを超えることが出来ました。
これも偏にご訪問下さる方のお蔭と感謝しております。
早春の見晴し公園を描いてみました。

200,000アクセスを目指して更新を続けて行きたいと思います。
季節は春、桜の満開も例年より早過ぎる様です。
そんな一枚でお別れです。

ありがとうございました!
今後とも「ぶんぶんの千夜一夜物語」をよろしくお願い致します。

では、又♪

P1190588

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

2013年3月22日 (金)

春を探して♪ さいたま市民の森

Photo
ちょっと風の強い先週の週末、椿(山茶花?)の咲き具合を確認しようとサンポリングです。

1 2
見晴らし公園前の桃の花、紅白の「源平咲き」の木はまだ蕾でした。

3 4
一色の桃ですが、淡いピンクが優しげです。

5 6
木のてっぺん付近に一輪咲いていた「紅白絞り」の縞々模様。 風が強くブレずに何とかなったのはこれ一枚。 蕾のうちからシマシマです。

71
今週末か来週には咲き誇るでしょう。 この木はシマシマの種類です。 再度、挑戦します。

7 8
近くの田んぼには「タンポポ」が風に震えています。

9 10
「メランポジューム」でしょうか? 夏の花なんですが・・・?

11 12
「ユキヤナギ」が一斉に咲き出しましたね。

131
風車があんなに小さく見えます。

13 14
「白木蓮」も一気に咲き始めました。

15 16
白さが鮮やかですね。 白い鳥が羽を休めているようです。

17 18
「藪椿」でしょうか、深紅にシベの黄色が鮮やかです。

191
遊歩道に春の陽射しが、くっきりと影を落としています。

19 20
「彼岸桜」でしょうか。並木の一本だけ花を付けています。 

21 22
「八重桜」には早いですね。

23 24
芝川の水面には風を受けて、細かい縮緬波が立っています。

「源平咲き」の桃と菜の花畑は、次回とさせていただきます。
いつもありがとうございます。

では、又♪

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月18日 (月)

ワークショップから返事が来たよ♪

001
先月行ったワークショップ「切り絵でつくる『たてもの文様帖』」のサイトにコメントしたら返事が来ました。
その模様を伝えるサイトです。 ↓

http://monkiri-workshop.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/ws-6794.html

私も写っています(笑)

いつもありがとうございます。
では、又♪

Dvc00031

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年3月16日 (土)

新・歌舞伎座開場♪

Top
いよいよ4月2日に「柿葺落=こけらおとし」が始まります。 「こけらおとし」って何?という方も多いと思います。柿=(こけら)は建築現場で最後に木片(こけら)を拾うことに由来しています。落成記念と考えていいのでしょうね。 ちなみに柿は果物の「柿」にそっくりですが、市の字の縦棒が一本で繋がっているそうです。 そんな訳で歌舞伎座の玄関幕からスタートです。

001_2 001
歌舞伎といえば隈取(くまどり) カブキメーキャップですね。 歌舞伎切り絵(再録)をご覧下さい。

001_3 001_4
出し物により色々ありますね。 隈取を見ると歌舞伎の世界に惹かれますね。

最後に新・歌舞伎座を記念して地元・銀座資生堂の新商品「高級油とり紙」のパッケージデザインでお別れします。

いつもありがとうございます。
では、又♪

End

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月13日 (水)

寒緋桜が咲きました♪ 自宅周辺

Photo
ご近所の「寒緋桜」が咲いています。

1 2
所用で出掛け、帰りに見つけました。 先日は蕾だったのが見事に咲いてます。

3_1 4_1
各種の桜に先駆けて咲く「桜」です。 濃い鮮やかなピンクです、遠くからでも目立ちます。

5_1 6_1
沖縄で花見と言ったら、この花のことです。 何故か染井吉野は育たないそうですから。

いつもありがとうございます。
では、又♪

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月11日 (月)

ぽかぽか陽気に誘われて♪ 2 さいたま市民の森

Photo
市民の森、後編です。 入ったとたんに梅の香りが・・・花粉症の私でも匂うのですから、かなり梅の香りに包まれているのでしょうね。

1 2
正門付近に「クリスマスローズ」の花壇、一群れ固まって咲いています。

3 4
市民の森の梅園、伸び伸び育っている様に見えます。

5 6
紅白いろいろな種類が咲き誇っています。

71
芝生広場には家族連れが遊んでいます。

7 8
クスノキの若葉がキラキラと光っています。 隣には枝垂梅が見事な懸崖を描いています。

9 10
零れ落ちる様な梅花のシャワーです。

11 12
リス園に続く遊歩道は紅白の梅がいっぱいです。

131
暖かい陽光が木立の影を写しています。

13 14
香り立つ花の中を歩きます。

15 16
どこまで行っても、梅、うめ、ウメ・・・

17 20
リスのトットちゃんも梅の花に囲まれて嬉しそうです。

191
八重の梅、大写しノ図。

18 19_2
これは梅では無く「十月桜」です。

21 22
芝生広場に別れを告げて、正門前のクリスマスローズにご挨拶。

23 24
市民の森を出た、近くの畑の菜の花です。

そろそろ帰路に着きます、いつもありがとうございます。
では、又♪

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月 9日 (土)

ぽかぽか陽気に誘われて♪ さいたま市民の森

Top
市民の森コースの前に昨日(3/8)、郊外古書店へ行く途中で見かけた春のスケッチをご覧ください。

1 2
黄水仙が咲き誇っています、隣にはヒヤシンスも咲いています。

3 4
道端には「オオイヌのフグリ」が咲き乱れています。

5 6
「土佐水木=トサミズキ」が蕾を膨らませています。 やっぱり春ですね。

71
そして、今日(3/9) 市民の森に行くコースです。

7 8
畦道に咲いている「仏の座」、春の七草の仏の座とは違います。 
あちらは「田平子=タビラコ」で食用です。 こちらは葉が蓮華座の様に茎を取り巻いてることからこの名前が、別名=三界草(葉が段々になるから)と呼ばれています。

9 10
畑の真ん中に咲いている梅の木、農作業の邪魔かと思いますが「梅の実」でも採るのでしょうか。

11 12
芝川の水も陽光に輝いて「水温む」といった風情です。

131
山吹みたいですが違います。 「黄梅=オウバイ」」という花です。 

13 14
梅といっても梅とは関係なくジャスミンの仲間です、香りはありません。

15 16
市民の森近くに咲いている梅の花です。

17 18
市民の森近くの「見晴し公園」の風車、遠くからでも見えます。

191_5
椿を観に来たのですが、まだ蕾です。 代わりに「山茱萸=サンシュユ」の花を見つけました。

19 20
山茱萸=ヤマグミ、秋に茱萸の様な赤い実を付けます。 別名は「春黄金花=ハルコガネバナ」早春の花ですね。

21 22
「ネコヤナギ」も膨らんで来ました、ふわふわで暖かそうですね。

23 24
隣に咲いている梅の花、白い小花が可愛いです。

25 26
見晴し公園と市民の森の前の「菜の花畑」まだ早かったですね。 ほんの一株が咲いていました。 満開の菜の花畑を観にまた来ようと思います。

この後「市民の森」に向かうのですが、それは次回といたします。
いつもありがとうございます。

では、又♪

End_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月 4日 (月)

大宮公園梅まつり・第二弾!

1
ぽかぽか陽気の中、遅咲きの梅を観に行きました。

1_2 2
始まりはいつもの通り、芝川沿いから大宮第二公園へ。

3 4
「玉光」です、花数が多くなっていました。

Photo 6
「白加賀」 こちらも満開状態です。

71
梅園は花盛り!

7 8
「蘇芳梅=すおうばい」 緋色系の八重種。 濃い赤みのある色を昔は「蘇芳色」と言った名残りとか・・・

Photo_2 10
「新冬至」 今が盛りと咲いてます。

Photo_3 12
「芳流閣=ほうりゅうかく」 滝沢馬琴の「八犬伝」に出てくる建物の名前とか、そこから来たのでしょうか。

131
八重野梅が満開です。

13 14
「見驚=けんきょう」ゆるやかなウエーブが魅力の八重の梅。

15 16
「八重野梅=やえやばい」 もう少しで満開ですね。

17 18
「春日野」 八重の白梅、気品を感じます。

191
こんな枝振りが梅らしいですね。

19 20
「紅千鳥」 
花弁の赤にめしべの黄色がアクセント。

21 22
「雪月花」 
乳白色と赤い萼、黄色の彩りが綺麗です。

23 24
「花香見=はなかみ」 
八重の白梅、白いフリルが優しい感じです。

251
花香見」のアップ。フリルの重なりが優雅ですね。

25 26
「藤牡丹枝垂」 まだ満開には時間が掛かりそう、八重の枝垂れです。

27 28
「宇治の春」 
下に向いたそぶりが楚々として何ともいえません。

29 30
「曙枝垂=あけぼのしだれ」 
花びらが淡い紅色、花の芯が薄く黄色がかっています。

311
梅園入り口に梅の歌の石碑が建っています。

31_2 32
「紅牡丹=べにぼたん」 
八重の花びらが優雅です。

33 34
「鹿児島紅=かごしまべに
」 紅牡丹よりもっと深い紅色です。

35 36
「白滝枝垂」 名前の如く満開になると梅の花が滝のようになだれ落ちます。 懸崖の下に入ると凄い迫力ですが、まだ早いようです。

以上、第二部・遅咲き編でした、それでも今年は遅れている様です。 「梅まつり」は終わりましたが、花は来週以降も楽しめそうです。

いつもありがとうございます。
では、又♪

Photo_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月 1日 (金)

2月に読んだ本♪  読書メーターより

2月に読んだ本をまとめました。
16冊、まあまあでしょうね。
あまり読む時間がありませんでした。
読書メーターも、やっと一年経ちました。

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:3699ページ
ナイス数:3368ナイス

裏閻魔3 (ゴールデン・エレファント賞)裏閻魔3 (ゴールデン・エレファント賞)感想
【図書館】やはりラストは泣かせますね。 あんな裏ワザがあるとは! 女心ですね。 第三部では、マッドサイエンティストまで出てきて閻魔、夜叉ともに絶体絶命の危機!江戸から現代まで駆け抜けた「不死人間伝説」一応の終幕です。 渋谷のハチ公前で待ち合わせとは憎い演出ですね。 ラストが爽やかで良い余韻です。
読了日:2月3日 著者:中村 ふみ
和をあそぶ江戸の切り紙―粋な切り紙155点を収録和をあそぶ江戸の切り紙―粋な切り紙155点を収録感想
新しい発見もあり、楽しかったです。ただ、型紙がシャープで無いのが残念。それに、切り見本もたどたどしく、先生とは呼べません。
読了日:2月8日 著者:エキグチ クニオ
夜桜: 吉原裏同心(十七) (光文社時代小説文庫)夜桜: 吉原裏同心(十七) (光文社時代小説文庫)感想
吉原裏同心シリーズも早17巻目、幹次郎も貫禄が付いてきました。2つの事件を解決するが、剣劇シーンが少ない。花邨騒動は七助親方の人情に涙しますが、走り屋騒動は尻窄みの感じがします。大感動のエンディングは用意できなかったのでしょうか…
読了日:2月8日 著者:佐伯 泰英
花祀り花祀り感想
第一回 団鬼六大賞受賞作。後にも先にも、感想は此れに尽きる。ただ、二作目の「寂花の雫」を読む限り、この作家を世に出すきっかけを与えた事は、大収穫かと思います。特殊なジャンルなので要注意!言い訳ではありませんが、古本屋で100円棚にあったので…(笑)  バスガイドで培った京都案内が小説に華を添えています。
読了日:2月9日 著者:花房観音
ねこみち (ねこぱんちコミックス)ねこみち (ねこぱんちコミックス)感想
岩岡さんのネコ漫画です♪  手足の色が濃いので「タイツ」と名付けられた猫と、お母さんのほのぼのした毎日を描くホームコメディ。 岩岡さんの着眼点が活きる主婦ワールド。単なる猫っ可愛がりに、ならないのが岩岡流。併録の3編の短編も女心を描いて秀逸!  あの絵が…なんとも言えず和みます♪
読了日:2月11日 著者:岩岡 ヒサエ
繕い裁つ人(3) (KCデラックス)繕い裁つ人(3) (KCデラックス)感想
あい変わらず、此処にはゆったりとした時間が流れている。生活に追われ、自分のことしか考えない殺伐とした現代。  昭和を思わせる下町人情、静かに寄り添おうとしての気遣い、いろんな場面で他人との触れ合いが感じられる。主役二人の仲は揺れ動く振り子細工、少し振幅が小さくなりつつある。同一著者のコミック「サウダーデ」の芳乃さんが気心の知れた同級生でゲスト出演するのも嬉しい。
読了日:2月11日 著者:池辺 葵
鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)感想
作家さんは好きでペンタッチなど最高です。しかし、パラパラっと立ち読みしたのですが、新シリーズはイマイチ分かりません。古本屋の100円棚に並んでいたので、可愛そうになり購入して来ました。で、じっくり読んでみると「良い」これは良い、心揺さぶられた。何にも希望の無い生活に小さな光が・・・男の子の「スパニッシュダンス」、さてどうなるのか。家族、友人の設定も悪くない、特に妹のキャラが良い。スポ根とは違う熱血物の雰囲気、まだ序の口続きを読もう。TUTAYAにレンタルコミック確認済。さあ、少年よ、この先どうなる!
読了日:2月11日 著者:佐原 ミズ
鉄楽レトラ 2 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)鉄楽レトラ 2 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)感想
【レンタル】今回は銘椀がメインのお話。  いろんな事に悩み、切り開いてて行く性格が、主人公に発破を掛ける。スタジオも無事開設され、そこで新たな出会いが…ともかく、物語は始まったばかり、主人公の夢と希望は、まだまだ先になりそうです。  さあ、三巻に行きましょうか!
読了日:2月13日 著者:佐原 ミズ
鉄楽レトラ 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)鉄楽レトラ 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
今回は、友達の菊池君がメインのお話。挫折を経験して目立つことを止め、怠惰に生きることで折り合いを付けるが・・・徐々に膨らむストーリー、着々とフラメンコに打ち込む姿勢を見せる主人公。恋の行方はまだ見えず、キャンデーのメッセージに気持ちを托す。もどかしいような思いのまま続刊を待ちます。   
読了日:2月13日 著者:佐原 ミズ
木暮荘物語木暮荘物語感想
【図書館】とある東京近郊のおんぼろアパートの住人たちのグランドホテル形式のオムニバスドラマ。と、簡単に片付けられない人生の深みを感じるお話。これを読んで、あれだけの雑学もどきの読書量は作品に活かされてるなと思った。「穴」の神崎のエピソードが顕著だが、「江戸川乱歩」の世界を彷彿させる。登場人物それぞれが曰くありげな性格です。しかも、微妙な接点を持つ・・・ さすがはストーリーテラーですね。
読了日:2月16日 著者:三浦 しをん
心がわり 狸穴あいあい坂心がわり 狸穴あいあい坂感想
【図書館】狸穴あいあい坂シリーズ、第三弾! 恙無く暮らす結寿の婚家に巻き起こる難題事、大火、盗人、そして懐妊…幸せの中にも何かと心休む暇も無い日々。今回は婚家の人物に焦点を当てた連作短編集。最終話の感じではシリーズ終焉にも思えるのですが、出来れば永く続けて欲しいシリーズです。
読了日:2月17日 著者:諸田 玲子
夏目友人帳 15 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 15 (花とゆめCOMICS)感想
【レンタル】相変わらず小ネタをやっているような気がする。友人帳をどうするのか、先が見えない。もう15巻10年という事だが、「友人帳」の意味は「妖」が見える様にする小道具にしか思えないのだが・・・書いてある「妖」に名前を返すとのテーマはどうなったのだろう。その場その場でストーリーを考えている感じが、あとがきからも感じる私ひとりだろうか?そろそろ主軸・方向性を示しても良い頃かと思います。ロングに続けたい気持ちは判りますが・・・
読了日:2月19日 著者:緑川ゆき
お慕い申し上げます 3 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
今回は「節子」中心のお話。 悔しさ、縋り、安定・・・節子の煩悩は深い。 映像プロデューサーの兄が登場、否応なく現実を突きつけられる。 そんな中、檀家を離壇するという家や三回忌の「お布施」が空だったり、志納料、お布施のあり方が問われる。 檀家とはお寺とは 「三宝を敬え」住職の言葉が沁みる。 坊主頭にも欲情する節子の煩悩は続く・・・
読了日:2月20日 著者:朔 ユキ蔵
ストーリー・セラーストーリー・セラー感想
女流作家と読書家の夫婦のお話。 小説と現実が交錯してどこまでが真実か判らない点がキーポイント。 しかし、ここに描かれている夫婦の愛情は共感します。 多分に著者の狙い通りの「甘々」ですが・・・  夫婦はこう有りたいという寓話です。 夫婦の視点を換えたBサイドを書下ろしで加えたと言うがどうでしょう、短編集のままで良かったかも・・・
読了日:2月22日 著者:有川 浩
ぎんぎつね 8 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 8 (ヤングジャンプコミックス)感想
何をやってもうまくいかない「小杉」、「まこと」の一途さなに触れ、明るさを取り戻す。一方「悟」は、体育祭を通じて少しずつ心を開いていく。 突然、現れた狼姿の神使と孤独な女性小説家の心の触れあいを描く「1000年の孤独」など、あい変わらず盛りだくさんの神社コミック。「まこと」の神主への決意が固まる第8巻! 巻末の神社の作法や諸事が分かる「おまけ物語」が好評です。
読了日:2月24日 著者:落合 さより
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)感想
口絵が良い、重要なシーンに登場する鶴岡八幡宮の桜、裏は登場人物の雰囲気たっぷりのイラスト。そして、遂に謎の母親が登場する。テーマは「江戸川乱歩」誰でも1度は読んだ、少年探偵団、怪人二十面相、乱歩の秘密に栞子が挑む!そこに母の影が…サブタイトルの「二つの顔」が全編に活きている、見事な乱歩世界の二重構造。最後の最後まで目が離せないジェットコースター・ミステリーの傑作!
読了日:2月27日 著者:三上延

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »