« 金環食ライブ♪ | トップページ | 日本一のポピー畑♪ 埼玉県・鴻巣市 »

2012年5月24日 (木)

読書の愉しみ♪ 気になる本

Photo
最近読んだ本の紹介をしたいと思います。
先ずは、この本から・・・

「三匹のおっさん」
有川 浩 文春文庫

良いですね〜。
悪ガキ三人組が定年後の「暇つぶし」に考えついたのは、町内の自警団、名付けて地域限定・正義の味方。
かくして、「三匹のおっさん」の活躍が始まります。
町内の揉め事を通して、嫁姑、孫、夫婦、親子、の関係を出来るだけ音便に解決します。

町内に蔓延る痴漢や詐欺、動物虐待、悪徳商法など、三匹のおっさんが裁いて叩く。
ジジイとは呼ばせない、愉快痛快大爽快の人情ドラマ、是非ご一読を

Photo_2

「お探しの本は」
門井 慶喜 光文社文庫

本との出会いは不思議ですね。
この本は雑誌「ダ・ヴィンチ」の紹介で知りました。
普段は好きな作家やシリーズ物の新刊、人気作に限られてしまいますが、
たまたま手に取った雑誌に「宝物」が隠れておりました。
タイトルから単純な本探しミステリーかと思いきや、眼からウロコです。
図書館司書のレファレンス係のお話ですが、本探しから図書館廃止に繋がるストーリーと怠惰な仕事から能力を認められた青年の再生のドラマを連作短編で描いた傑作です。
コミックス「夜明けの図書館」で、物足りなかった方にはお薦めの一冊。
帯裏の図書館蔵書を思わせるデザインも秀逸!

Photo_3


「猫弁」 ―天才百瀬とやっかいな依頼人たち―
大山淳子 講談社文庫

表紙に誘われて、手に取りました。
最初「猫弁」ってなんだ?と思いましたが、読んで納得。
冴えない風貌ながら頭脳明晰、心優しき正義の味方。まるで○田一○助さんみたい(笑)
事件は盗まれた霊柩車、しかしあるはずの遺体が無い・・・
まるで関係の無いと思われる出来事が、ジグソーパズルの様にピタッと収まる大団円。
2時間ドラマみたいと思ったら、なんとドラマ原作応募作で大賞受賞作品でした。
解説を読むとシリーズも続く様で、次巻も楽しみです。

Photo_4

「ワーキングガール・ウォーズ」
柴田よしき 新潮文庫

37歳、独身、大手音楽事務所、係長。
キャリア・ウーマンの仕事に対する姿勢が、男の私から見てもうなずけるシーンが満載です。
しかし、著者の柴田女史はOL経験があるのでしょうか。
いちいち細かいトラブルに丁寧に対処する主人公の行動は、「物書き」の視線だけでは無理があるのではと、感心しました。 ブレーンがいるのかも・・・
働く女性に是非、読んでいただきたい一冊です。
もちろん、私のように男性が読んでも女性の悩みや達成感など、読んで納得、爽快感のある小説です。 
続刊の「やってられない、月曜日」も、読んでみようと思います。

Photo_5

「草子ブックガイド」
玉川重機 講談社モーニングKC

本好きの中学生・草子、自称画家の父との暮らしは貧乏そのもの。
本読みたさに、古本屋の棚から無断で借りて読み終わったら返す毎日・・・
ある日酒代欲しさの父に、大事な本を売られてしまう。
売った本屋が、いつもの古本屋。 謝罪をする草子に店主から意外なひと言が。
「いつでもここにある本を読んでいい、その代り感想文を書くこと」
そうです、草子は本を借りて返す時に感謝の気持ちで、感想を書いたメモを挟んで置きました。
それが、丁寧な感想文のため店主はファンになってしまったのです。
かくして、草子のガイドブックが始まったのです。 草子の異常なまでの本好きと、その感想文は本好きにはたまらない魅力のブックガイドです。 是非、ご一読を!

以上、最近読んだ「気になる本」でした。
いつもありがとうございます。

では、又♪

2012_003

|
|

« 金環食ライブ♪ | トップページ | 日本一のポピー畑♪ 埼玉県・鴻巣市 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 「三匹のおっさん」お借りして読みました。とっても面白かったです。剣道の達人キヨの考え深さがいいですね。孫の祐希との間のすれ違いもだんだんと亡くなっていく様子が微笑ましいです。祐希も祐希で実は祖父思いなんだなと感じさせられます。

 他の二人もそれぞれに個性的で魅かれます。2が出ているようですが図書館にリクエストしようと妻が言っています。

 「おさがしの本は」も面白そうです。よかったら貸してください。

投稿: しのさん | 2012年5月25日 (金) 18時10分

しのさん、こんばんは♪

「三匹のおっさん、ふたたび」は凄い人気ですよ。
リクエスト待ちで200人は下らないと思います。
気長にお待ちいただくことにならなければよろしいのですが・・・

「お探しの本は」
はい、リクエストお受けいたしました。
近日中にお渡しします。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2012年5月25日 (金) 23時02分

ご無沙汰しております。
さすが、ぶんぶんさんの選書の目スゴイです。

本屋大賞でもそうですが(少し版元との関係が見えなくもないですが)読者にとって面白い本は、目利きのいいとより楽しくなりますね。
「ダビィンチ」での紹介記事でヒットする本もありますね。

私は「柴田よしき」はじめ細過ぎる感じだったのですがエンジンかかるとす~と読めましたね。他の作家さんの本お店で探してみますね。
ご紹介ありがとうございます。
病院に持って行く本のリストに入れてみます。

投稿: 本屋のオバさん | 2012年5月26日 (土) 14時49分

オバさん、こんばんは♪

気の落ち着かない日々かと思います。
そんな中、コメントをいただき感謝しつつ恐縮しております。

入院は決まっていても入院の日が、はっきりしないのは落ち着きませんよね。
少しでも心穏やかにお過ごしいただきたく思います。
気晴らしになるのでしたら、こんな拙ブログでもご利用下さい。

少しでも早く元気な笑顔を拝見したいと思います。
オバさん、ガンバ!
いつもありがとうございます。

では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2012年5月26日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/54791413

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の愉しみ♪ 気になる本:

« 金環食ライブ♪ | トップページ | 日本一のポピー畑♪ 埼玉県・鴻巣市 »