« 日々の暮らしと季節の花々♪ | トップページ | 大宮公園のあじさい、再び♪ »

2010年6月18日 (金)

雨降りだから読書をしよう♪

P1040288

たまには、「花」をハナれて「本」のお話など、ホンの少しでもしましょうか♪

001 002 

「蛍子-HOTARUKO-

久世光彦・作/上村一夫・画 ブッキング・発行

副題に「昭和抒情歌50選」とあります。 鬼才・久世と絵師・上村が、昭和のヒット曲に乗せて送る情念の世界。 蛍子と幼女カオリが醸し出す社会の裏側、男と女、老人と若人、狂人と聖人、その境とは・・・ 妖しい世界に招かれいつしか住人になってしまう夢の世界。 ちなみに歌は「白い一日」「思い出ぼろぼろ」「異邦人」「はーばーらいと」他50曲。 1996年初出のものを2005年に復刻。 いずれにしても時の流れを感じさせる劇画です。

001_2 001_3 

「欅の木」 内海隆一郎・作/谷口ジロー・画 小学館・発行

内海隆一郎の原作「人びとシリーズ」200編の中から谷口ジローが選んだ8編を劇画化。 一話一話に人生や人との交わり、人の切なさや温かさが感じられる作品です。初出が1993年と古いが、今年待望の復刻をした谷口作品の中でも「犬を飼う」「歩くひと」と並ぶ傑作です。

「父の暦」 谷口ジロー 小学館・発行

故郷を棄てて都会暮らしの長男に“父死す”の知らせが届く・・・父へのわだかまりが解けぬまま10数年ぶりに故郷に帰る。 通夜の話の中から浮かぶ自分の知らない、意外な生前の父の姿。 郷愁と父親の愛の深さを描く感動作。

 

001_5 

「歩くひと」 谷口ジロー 講談社・発行

散歩の途中で出会う、ちょっとした出来事や自然、日常の中の発見や楽しさ、「散歩のすすめ」的な好作品。 一話が8ページという「散歩物」に相応しい軽さも魅力です。

 

001_4 001_6 

「孤独のグルメ」 久住昌之・作/谷口ジロー・画 扶桑社・発行

輸入雑貨の個人貿易商の主人公が出会う「食」の数々。 モデルになった店は実在のお店。 初出が1997年とこれまた古いが、近年のB級グルメの影響か2年くらい前に出版社を代えて復刻した。 銀座のハヤシライスとか赤羽の鰻丼、秋葉原のカツサンドとか浅草の豆かん、ご存知の方は「うんうん」と思わず納得の逸品です。

「散歩もの」  久住昌之・作/谷口ジロー・画 フリースタイル・発行

魅惑のコンビが再びタッグを組んだ、「歩くひと」と「孤独のグルメ」を合体させたような実在の町を歩く気分にさせてくれる作品。 「品川の雪駄」「古絵本(井の頭)」「ハーモニカ横丁(吉祥寺)」「目白のかき餅」など郷愁を誘う界隈を歩く。 「通販生活」に連載という変り種。 初出はやや新しく2006年。

001_7  001_8 

最後は活字本で、といっても軽いものですが(笑)

「月の砂漠をさばさばと」 北村 薫 挿し画・おーなり由子 新潮社・発行

作家のお母さんと9歳のさきちゃんの、ほのぼのとした毎日を描くまるで絵本のようなお話。 親子と言うよりは「友達」みたいな関係のふたり。 さきちゃんの疑問に答えるおかあさんが、作家という言葉の表現者であることが作品に奥行きとゆとりを感じさせてくれます。 おーなり氏の「ほわ~ん」としたカラーさし絵も作品世界に溶け込んで味わい深いものになっています。 初出は1999年ですが、挿絵も入った「文庫」にもなっていますので入手しやすいかと思います。

「ゲゲゲの娘 レレレの娘 らららの娘」 

水木悦子/ 赤塚りえ子/手塚るみ子 文藝春秋・発行

ご存知、「神様・手塚治虫」「天才・赤塚不二夫」「妖怪・水木しげる」コミック界・三大巨匠の「娘さんたち」の座談会です。 巨匠と言えども「人の親」、娘から見た父親像、あんな一面がこんなエピソードも・・・ 身内だからこそ話せる秘密の数々。 「娘が選ぶ父の傑作短編」も併せて掲載。 初出は今年の2月です。

以上、「晴行bicycle雨読book」でした。 次回は活字本を多くしたいと思います。

いつもありがとうございます。

では、又♪

P1040292

|
|

« 日々の暮らしと季節の花々♪ | トップページ | 大宮公園のあじさい、再び♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コンバンワ^^v
みんな読んでみたいけど
やっぱり 手が出るとしたら
ゲ・レ・ラ の娘 ^^v です
ゲ と レ ヮ すぐわかったんですけど
。。。 あっそうか!!
って気づいたのヮ ・・ 歌ってみて デシタ^^v
昭和 って好いですネ

投稿: 台所のキフジン | 2010年6月18日 (金) 21時25分

キフジンさま、こんにちは♪

ゲ、レ、ラ、の娘たちの「天衣無縫」な会話が楽しい一冊です。
わはは、と笑って、その裏には「父」への愛情や尊敬が「見え隠れ」・・・

父の日も忘れてしまった、「ふふふの娘」にも読ませたい一冊でもあります(笑)
「父の暦」も、息子から見た父親再発見の物語。
是非、ご一読を。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2010年6月19日 (土) 10時30分

 上村一夫の絵を見て「あっ!同棲時代の人」と、思いました。年が分かってしまいますね。

 北村薫の「赤ずきんちゃん気をつけて」も、夢中で読みました。

 そこでお願いですが、月の砂漠と、3人の娘の話を貸していただけますか?「ちはや」も借りたままで、ごめんなさい。何度も何度も読み返しボロボロになってしまいました(笑)。ちなみに、9巻買いましたので、7月例会に持参します。

投稿: 妻です。 | 2010年6月19日 (土) 20時46分

妻さま、おはようございます♪

同棲時代・・・
双葉社の「週刊漫画アクション」に1972年〜73年にかけて連載された劇画です。
映画にもなり、「同棲」というネガティブな現象をポピュラーにし、上村を一気にブレイクさせた作品でしたね。
1986年1月、45歳の若さで急逝したことが今でも悔やまれます。

「赤ずきんちゃん気をつけて」・・・
この作品も大ヒットしましたね。
第二弾が「白鳥の歌は聞こえない」だったっけ?
作者を勘違いしておられますよ。
同じ「薫」ですが、「庄司薫」です。
北村薫の代表作は、咄家の師匠と女子大生のコージーミステリー、「空飛ぶ馬」に始まる「円紫さんと私」シリーズでしょうか。
それとも、直木賞受賞の「鷺と雪」(ベッキーさんシリーズ)でしょうか。

小説界の三大薫、「栗本薫」「高村薫」「北村薫」と密かに呼んでいます(笑)

「ちはやふる」、読み込むのは良いけど、借りものだから「ボロボロ」にしてはダメでしょう、コラッ(笑)
ご希望の二冊は、次回の例会にお持ち致します。
次回から紹介作が一冊限定になりましたので、セレクトに苦慮しそうです。

妻さま「生コメント」を頂戴いたしまして、ありがとうございます。
では、又

投稿: ぶんぶん | 2010年6月20日 (日) 08時34分

「妻です」さんがどなたの奥様か、すぐわかっちゃいました。
もちろん、ぶんぶんさんの奥様ではありません。

 ぶんぶんさんの持ってくる本は例会で大人気で、私もたくさん借りていますが、「妻です」さん、「ちはや」は私が次にお借りしたいので、よろしく~。

 このネット上で早くも予約が入っていますが、私は谷口ジローさんの5冊を読みたいです。

 欲張りですみません。

 もちろん、例会で他の方が借りたいといえば、その後で結構です。

 今、借りている『一葉日誌』フィクションであるものの、上村一夫さん、一葉の小説を読みこなしているのがよくわかりました。

「大黒屋」の様子、みどりや半井桃水、伊勢屋のおかみさん、登場人物をうまく配置して、物語を作っています。

 伊勢屋といえば、一葉が通った質屋さん。
今でも現存している蔵をみてきました。
あの蔵に・・・ムムムすごい発想です。

 ふろコミック『テルマエ・ロマエ』も最高でした!

 コミックを自分で買う事はめったにないのですが、ぶんぶんさんのおかげで、上質なコミックを読ませていただけます。感謝、感謝。

投稿: しいか | 2010年6月20日 (日) 18時24分

しいかさん、こんばんは♪

「ちはや~」は次回の例会に出てくると思いますよ。
2ヶ月貸し出し中ですから(笑)

谷口ジロー、はい持って行きますよ。
「欅の木」落ち葉問題のとき「本屋のオバサン」が
読んでみたいと言ってましたが・・・
本屋さんだからもう読んだかな?
ずっと、「絶版」状態だったからまだかもね。
聞いてみましょうね、って出席するかも判りません
happy01

良質かどうか判りませんが、心の琴線に触れる本を
と心がけております。
またのご利用をお願いいたします・・・んっ
「貸本屋ぶんぶん」じゃないって(笑)

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2010年6月20日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/48633093

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りだから読書をしよう♪:

« 日々の暮らしと季節の花々♪ | トップページ | 大宮公園のあじさい、再び♪ »