« HOUSE OF SISEIDO 初夏 ♪ | トップページ | 岩槻・ラーメン・城下町♪ »

2010年4月29日 (木)

若葉繁れる・岩槻 流しびな♪

Photo

GWの初日、さいたま市岩槻区の「流しびな」を観に行って来ました。 思えば1年前、「まちかど雛めぐり」にも岩槻を訪問いたしました。 その日も暑いくらいの日差しでしたが、今日も同じくらいのお日和です。

1 2 3 

「流しびな」スタートが10時と聞いたので8時30分に家を出て、9時前の大宮始発の「東武・野田線」の電車に乗り込みました。

4 5 6 

「大宮駅」から5つ目、約10分で「岩槻駅」に到着です。 まだ時間があるので会場の「城址公園」まで、.ぶらぶらと歩いて行きます、約25分くらいでしょうか。 表通りを避けて「裏小路」を「時の鐘」方向へ。

7 8 9 

岩槻藩校の「遷喬館」の前を通って、武家屋敷の佇まいの残る住宅を見ながら直進します。 昨年見受けられなかった公園が出来ていました。 今日いただいたガイドブックに名前が有ると過信をし、チェックを忘れて名前が不明です。 ガイド失格です(笑)

10 11 12 

「時の鐘」に到着です。 上ばかり見ていて、鐘撞き堂の下に咲く「山吹」の花を撮り忘れました。 またまた失敗。

13 14 15 

はい、「岩槻城址公園」の入り口です。 ぐるっと回って「八つ橋」のある「菖蒲池」へ向かいます。

161_2

「流しびな」の始まる前にいろいろなイベントが組まれています。

16 17 18 

「菖蒲池」の周りは、沢山の人が今や遅しと待ち構えています。

19 20 21 

区内の女の子達の「琴の演奏」です。 琴の音がさざなみを浮かべ静かに水面を渡っていきます。

22 23 24 

直径20センチほどの「さんだわら」、こちらに願い事を書いて池に流します。

251

中には小さな「お雛さま」が寄り添っています。

25 26 27 

「甘酒」のサービスやお雛様の手入れの仕方など、いろいろなサービスがあります。 真ん中の写真は、ここで願い事を書く記入所です。

28 29 30 

池の周りは「鯉のぼりくぐり」やお茶の「野点」など、イベントが盛りだくさんです。

31 32 33 

八つ橋近くには、大きな「鯉のぼり」も泳いでいます。 橋を渡る人、降りる人、益々人が増えてきました。

341

いよいよ、メインイベントの「流しびな」のスタートです。

34 35 36 

近くの幼稚園児や着ぐるみのお雛様、本日のお雛様役のお二人など、続々と会場入りして来ます。

37 38 39 

来賓の方たちに続いて、頬に紅を差し装束を着た子供たちとお雛様役のお二人などが最初に流しびなを流します。

40 41 42 

お雛様のお二人が再度入場、マスコミ用に二人だけの「流しびな」です。 続いて一般の方の「流しびな」に流れていきます。

43 44 45 

人波は、まだまだ続いていますが、そろそろ私は撤収です。 ちなみに、この「さんだわら」ひとつ500円で販売しています。 開場から先着200名には無料配布されます。 流しびなを購入するとこの後、行われる「抽選会」の権利が得られます。 当選すると豪華景品が当たります。 私っ、私は撮る方専門で、流す方では有りませんので抽選会はパスです。 この後、例によって念願の「豆腐ラーメン」 の試食とか、市内観光など続くのですが、「流しびな」の章は以上で終わります。 次回、岩槻の誇るB級グルメ(県大会で2回も優勝した)「豆腐ラーメンの章」で、お会いいたしましょう。

いつもありがとうございます。

では、又♪

Photo_2

|
|

« HOUSE OF SISEIDO 初夏 ♪ | トップページ | 岩槻・ラーメン・城下町♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました^^v
行った気 見た気 にさせていただきました
子どもの頃
父と母 妹と私の四人で
よく出かけていた
あの頃を思い出しました
。。いまヮイベント中心 という感じですが
私たちが育った頃ヮ ・・
四季折々の 花を愛で 自然の中でのお祭りごとが
生活の中心になっていた 。。
そうでしたよネ
流し雛 に チョット泣きそうです^^v

投稿: 台所のキフジン | 2010年4月29日 (木) 20時44分

キフジンさま、こんばんは♪

そうですね、「流しびな」も少し商業ベースが感じられますが、
まだまだ、手作り感が残っていて、良い意味の「田舎」臭さが味わいかと思いました。

本来の「無病息災」「厄難排除」の信仰とお祭りムードのコラボレートが、地元住民の手によって運営してるって肌で感じましたもの。

ほんと、町のお祭りって感じでした。
「町起こし」の面もあると思いますが、写真撮影だけに来る私なんぞは「他人者」って雰囲気は否めませんものね。
地元の方たちの、地元の方たちによる、地元の方たちの為の「行事」ってこの雰囲気は、これからも伝えていって欲しいですね。
私の拙いレポートも「岩槻」に目を向けるきっかけになれば、こんな嬉しい事はありません。

キフジンさま、ご不便かとは思いますが是非、一度お出掛け下さり、その場の感動をご一緒したいですね。
いつの日か、きっと!

いつもありがとうございます、後半も直ちに取り掛かります。

では、又♪


投稿: ぶんぶん | 2010年4月29日 (木) 22時02分

 ぶんぶんさん こんばんは~~ (^―^) ニコッ 

 昨日はありがとうございました。

 とっても行動派、またまた実感ですよ。
ここで旅をさせていただいているという
自由な空間と言いますか、出かけた気分になります。

 赤い橋を渡る外人さん、お雛様に扮したお雛様 あはっ
とてもかわいらしくて、日本の伝統が受け継がれている安心感も感じました。

 「さんだわら」には何をお願いしましょうか。
私は欲張りですけど、たった一つといわれると
決まってるんですよ。 それは内緒 (^m^ )クスッ 

 台所のキフジンさま
そうですよね、季節ごとにお祭りやお祝い事があり
それを自然に受け入れていた時代でしたね。

 ステキな風景をありがとうございました。

投稿: あにどる | 2010年4月29日 (木) 23時12分

あにどるさん、こんにちは♪

先日は、楽しいひとときを有り難うございました。
又、ご一緒しましょうね。
ええ、「流しびな」は前から決めていましたので、
別段、苦労もありませんでした。
それに、お酒も控え目だったし・・・(笑)
(え〜、あれだけ飲んで〜)などと、おっしゃられませんように(笑)

「流しびな」10時スタートとありましたが、
始まったのは、11時で来賓挨拶などがあり、
本番は11時30分でした。

次回があるとしたら、もう少しゆっくり
家を出るようにします。

あにどるさん、キフジンさまのブログも
素敵の空間ですよ。
是非、一度ご訪問下さいますよう
お願い申しあげます。

いつもありがとうございます。
では、土曜日にお会いしましょうね♪

投稿: ぶんぶん | 2010年4月30日 (金) 13時18分

こんにちは、

昨日は、どうも有難うございました。
ちょうど孫を迎えに行っていたときでしたのでお会いできず申し訳ありませんでした。

「流し雛」昨年は、アキの散歩がてら見にいったのですが・・・。
今年は仕事がありパスしてしまいました。

イベントもようやく定着してきたようですね。
地元の人たちの参加もあったようですね。

あ!新しくできた小さな公園は、「旧秋葉邸公園」とか石のベンチ(お人形や鯉など)ちょっと怖いけどし~ちゃんも滑り台に乗りましたよ。
ただ工事費が高かったらしく地元では、不評でした。

投稿: 本屋のオバさん | 2010年4月30日 (金) 14時11分

オバさん、こんばんは♪

ゴメン!
何回か電話を入れたのですが、通じませんでした。

商売なので、お店は開いていると思い
素通りも失礼と飛び込んでしまいました。
オジさんには、大変失礼をいたしました。

岩槻は、いつ行っても「優しい町」ですね。
オバさんに会う事が、出来ませんでしたが、
「流しびな」が主体ですので、楽しかったですよ。

忙しい方なので、一緒になんて思いもしませんよ。

でも、いつかは一緒に観られたら嬉しいですね。

土曜日にお会いしましょう♪
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2010年4月30日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/48216561

この記事へのトラックバック一覧です: 若葉繁れる・岩槻 流しびな♪:

« HOUSE OF SISEIDO 初夏 ♪ | トップページ | 岩槻・ラーメン・城下町♪ »