« 65,000アクセス達成記念感謝号♪ | トップページ | 秋の夜咄・こぼれ話♪ »

2009年11月 4日 (水)

風に吹かれて行こう♪

Photo_8

先日の新聞に、「ワラ塚を再現-さいたま・見沼区で-」という記事を発見。 見沼区と聞いてはほっとけません。 しかも、いつも行く見沼用水沿いのコースの東縁り、浦和・川口コースにあります。 使用した「藁」10トン、高さ3m、これは観に行かねばと、11月1日(日)サンポリングに行って来ました。

Photo_9 Photo_10 Photo_11 

コース沿いの「お地蔵さん」に道中の無事を祈り、緑の生い茂る道を行くと鴨たちが「ひなたぼっこ」をしています。

今日のB.G.M.は、やまがたすみこ「風に吹かれて行こう」を口ずさんでの道行きです。

Photo_12 Photo_13 Photo_14 

♪風に吹かれて行こう 悲しい時が来て

恋がいやになったら 風に吹かれて行こう

君と僕が二人して 築いた恋は誰にも

壊せやしない しないさ ああ~

コース沿いの公園や神社を横目に快調にペダルを漕ぎます。

Photo_15 Photo_16 Photo_17 

途中、東武野田線の線路を横切ります、折りしも電車が来ました。 これに乗るとブログ友の「本屋のオバさん」のいる岩槻に行けます。 ススキとポプラ並木(?)が見えて来ました。 

Photo_18

「七里総合公園」です。 人と自然とのふれあいを目的に、平成12年に作られた自然公園です。 親水、自然観察、修景池、野鳥保護などのゾーンに分かれています。 小さなお子さんを遊ばせるには絶好の場所ですね。 お昼過ぎの出発でしたので、ここでお弁当(コース沿いのディスカウント・ストアで仕入れた、おにぎりとお茶)で、しばし休憩です。

Photo_19 Photo_20 Photo_21 

はい、お腹も満足、気持ちも満足、そろそろコースに戻りましょうか。

♪風に吹かれて行こう 生きることが今 

辛くいやになったら 風に吹かれて行こう

Photo_22 Photo_23 Photo_24 

遠くに「ワラ塚」が見えて来ました。 意外と小さい、いえいえ近くに寄るとやっぱり大きいです。

Photo_25

「フナノ」=昭和30年頃まで牛馬の飼料やかまどの燃料、縄やむしろの材料として使われた「藁」を貯蓄するために作られたものとのこと。 余っても腐らせて堆肥として田んぼの肥料に使いました。 この「ワラ塚」は昨年より、地域でただ一人作り方を覚えていた方がNPO法人の方とご近所の方たちの協力を得て作られたものです。 昨年50年ぶりに復活、20人の方が高さ3m、約10トンのワラを使い作り上げました。 プラスチック製品を使い捨ての現代に、稲作の副産物である「ワラ」まで生活に利用するフナノを見て、環境問題を考える一助であって欲しいとは、この企画を考えたNPO法人「見沼フォーラム」理事長の島田由美子さんのご意見です。 

Photo_26 Photo_27 Photo_28 

フナノの周りにはモミガラが敷いてあり、立て看板には謂れが書いてあります。 コスモス摘みの人と比べても大きさが判るかと思います。 ちなみに、「コスモスまつり」は先週の24日に「フナノ」の披露と一緒に開催されたとのことです。 フナノは12月中旬まで見られます。 検索は「見沼区膝子直売所」西で判るかと、「緑のヘルシーロード」見沼用水沿いの膝子地区です。 お近くの方は是非、一度ご覧になって下さい。

Photo_29 Photo_30 Photo_32 

フナノの近くにはコスモスやヒマワリの花が咲いています。 はさみ持参で花摘みをされている方も見受けられました。 ヒマワリに心が揺れましたが肝心の鋏が無いので泣く泣くあきらめました。 ぐるっと一周です。

Photo_33 Photo_34 Photo_35 

本来は、ここまでなのですが未だ陽も高いので、以前から行ってみたかった「見沼くらしっく館」という古民家が展示されている所が、ここから2~3kmですので行ってみることにします。 ここまで自宅から5~6kmといったところです。 加田屋新田の弁天堂を見ながら出発です。

♪風に吹かれて行こう 涙、出てきても

隠すことは無いさ 風に吹かれて行こう

君と僕はいつまでも 友達ならば幸せ

信じていいさ いいのさ ああ~

Photo_36 Photo_37 Photo_38 

すっかり、葉の落ちた桜並木の用水沿いの道を行くと、鴨たちも水辺を行進しています。 「くらしっ館」への分かれ道、真っ赤な道標が右に折れろと教えてくれます。

Photo_39 Photo_40 Photo_41 

はい、「見沼くらしっく館」前に到着です。 場所は「見沼自然公園」近くの「三崎台」という所です。 目の前が「大宮共立病院」です。 というところで、申し訳ございません。 「見沼くらしっく館」のご案内は次回ということにさせていただきます。 なにせお見せしたい画が40枚以上あるのです。 長くなりそうなので、次回またお付き合いの程を。

♪風に吹かれて行こう 今は辛くても

きっと何かあるさ 風に吹かれて行こう~

いつも有難うございます。

では、又♪

Photo

|
|

« 65,000アクセス達成記念感謝号♪ | トップページ | 秋の夜咄・こぼれ話♪ »

サンポリング」カテゴリの記事

コメント

 ワラ塚、フナノというのですか?初めて見ました。私の実家も農家でしたが、蔵の土間に積んでいたりしました。

 ワラって結構いろいろなところで使っていたんですよね。今でも必要な職業はあると思うんですが、今の稲刈り機は刈ると同時に細かく切って田んぼに撒いてしまうタイプが多いので、ワラを必要とする業者は大変なようです。

 見沼くらしっく館、古い家屋を保存しているようですが、中は資料館のようになっているのでしょうか?あちこちの市や町で保存しているところがありますよね。懐かしい感じがします。

投稿: しのさん | 2009年11月 4日 (水) 18時06分

今日の更新は 私のためにあった。。と思いながら
ぶんぶんさんの散歩リング姿を思いながら 。。 読ませていただきました ありがとう happy01

風に吹かれて行こう 涙 出てきても
隠すことはないさ 風に吹かれて行こう ♪ ^^v

ありがとう もう元気になってきちゃったミタイデス

投稿: 台所のキフジン | 2009年11月 4日 (水) 18時34分

しのさん、お早うございます♪

「フナノ」どういう意味かは少し調べてみましたが判りませんでした。
船型から来ているのでは?という記述がありましたが・・・

「見沼くらしっく館」・・・ 屋内は普通の古民家です。
昔の生活を体験するというコンセプトなんでしょう。
「暮らし」と「クラシック」を掛けているのでしょう。
詳しくは後日、ご報告致します。

いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2009年11月 5日 (木) 06時54分

キフジンさま、お早うございます♪

少し風が冷たかったけど、快晴の秋空の下、楽しいサンポリングになりました。
キフジンさまも、ご一緒していただいた気分になられたのでしたら幸いです。

「風に吹かれて行こう」・・・
やまがたすみこ 作詞・作曲・歌 心に残る一曲かと思います。
♪風に吹かれて行こう〜

少しは元気が出て来ましたか?
「最終兵器」の復活ですか?
でも、「乙女チック」なA子さんも、捨て難いですね(笑)

「元気の種」を、もうひとつ蒔いておきました。
乞うご期待!!

では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2009年11月 5日 (木) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/46668080

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて行こう♪:

« 65,000アクセス達成記念感謝号♪ | トップページ | 秋の夜咄・こぼれ話♪ »