« 梅雨の晴れ間 其之五 桶川・べに花まつり♪ | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之七 七夕・紫陽花・かたつむり♪ »

2009年6月30日 (火)

梅雨の晴れ間 其之六 中仙道・桶川宿♪

Photo_48

桶川駅からほど近い東側、鉄道と南北に貫く国道17号線の間に挟まれる形で、手前古い町並みと近代ビルの混在する中山道が走っています。 いにしえの宿場町「桶川」を探してそぞろ歩きと洒落込みました。 少しお腹が空いているのが気になりますが、いざ、散策に!

  Photo_4 Photo_3 Photo_5 

「べに花GO」で桶川駅に到着して、「木戸跡」(下)の石柱を観ながら桶川宿の散策です。 江戸は日本橋から数えて、中仙道6番目の宿場「桶川」は手前の「上尾宿」から、これより宿内に入ります。 今は「魚屋」さんの建物も往時を偲ばれ、のっけから雰囲気満点です。

Photo_6 Photo_7 Photo_8 

江戸時代から続く「旅籠・武村旅館」創業200年を越す風格が感じられます。 お向かいは名物の「べに花まんじゅう」のお店「べにっこ」です。

Photo_12

Photo_9 Photo_10 Photo_11

「浄念寺」 門前の鐘楼が見事なお寺さんです。

Photo_13 Photo_14 Photo_15 

今は数少なくなった「火の見やぐら」を見て、今もお茶屋さんの「島村家三階建て土蔵」の立派さを眺めながら、お隣りの「矢部家」の蔵造りにも、うっとりです。

Photo_16 Photo_17 Photo_18

お向かいの「小林木材店」の趣に心が揺れて、併設している「喫茶店」も気になりますが、お腹の虫が騒いでいます。 お茶は後ほどにして「うどん屋」さんを目指します。

Photo_19 Photo_20 Photo_21

「桶川宿本陣跡」、皇女和宮も泊まった本陣も今は門を残すだけです。(立て看の文字が選挙に抵触してはとペイントしました 笑)

Photo_23  Photo_24 Photo_25

Photo_22

「桶川観光協会・中仙道宿場館」 館内には親切な係員の方がおられて、桶川のことを丁寧に教えてくれます。 真ん中の写真は宿場の浮世絵が三色刷りで体験出来る簡易版木です。最後の写真は表の絵看板と同じ作家さんによる木版画、べに花を眺め楽しそうな旅の家族の図です。

Photo_26 

Photo_27 Photo_28 Photo_29

「稲荷神社」 力比べをした名残りの「力石」が奉ってあります。 

Photo_30 Photo_32 Photo_33

この「石灯籠」は江戸の紅花商人が寄進したもの、もう一つあり対になっています。 鳥居を出て右に折れたら木の洞にお稲荷さんが仲良く並んでいます。 こういう趣向も楽しいものですね。

Photo Photo_2 Photo_3

「木戸跡」(上) ここで桶川宿は終点です。 上としたのは京に上るという意味の(上)です。 この後の宿場は「鴻巣宿」です。 通りを挟んで木戸跡の正面に、待望の「うどん屋」さんがあります。 もう二時過ぎです、ここまで何軒かの本格的なうどん屋さんも有ったのですが、こちらが「味・量・値段の安さ」が三拍子揃っているとの情報に、迷わずこの「今福屋」さんに決めました。

Photo_5 Photo_7 Photo_8

店内は落ち着いた雰囲気の木造建築。 表のテラスは気兼ねなくタバコが吸えそうで、こちらの席をキープしました。

Photo_15 Photo_10 Photo_12

暑かったので「冷やしタヌキ」とか「冷麦」とかも良かったのですが、やはり定番の「宿場うどん」にしました。 お汁は熱々です、中身は鶏肉、なす、長ネギ、茗荷、油揚げ、大根と具沢山で、麺も太めで腰があります。 これで580円はお徳ですよね。 なすのてんぷら80円を付けても660円でした。 隣で食べていたお客さんの「ごまダレうどん」涼しげで美味しそうでした。

Photo_4

さっ、お腹も膨れました、駅に向かって戻りましょうか。 宿場の北側から見た「中仙道・桶川宿」です。

Photo_18 Photo_19 Photo_20

珍しい「レンガ造り」の建物が現存しています。

Photo_23

Photo_21 Photo_24 Photo_25 

「大運寺」さんです。 広い境内と立派な鐘楼、山門の造りも優雅です。

Photo_26 Photo_27 Photo_28 

古い三階建ての建物の向いに先ほどの「喫茶店」が見えてきました。 食事の後のお茶にしましょうか。

Photo_37 Photo_29 Photo_30

店内はアンティークな食器類が展示販売されています。 アイスコーヒーで喉を潤します、ふと見ると変わった公衆電話があります。 「鹿鳴館」と名づけられ20年近く前に山梨のNTTが売り出した物とのことです。 明治時代の手回し式電話を模しています、現在も立派に使えるのですが、お客様は携帯があるのでほとんど使わないと店長さんが言っていました。

Photo_43 Photo_40 Photo_41

駅に向かう商店街の一角に派手な旗と案内板。 「街かど紅花館」とあります、閉店したお店を商店街婦人部の方が復興を念じてさまざまな学習と展示の場として活用しているとのことです。

Photo_47

はい、「桶川駅」に到着です。 朝の10時半に着いて、今は16時。 一日たっぷり遊んでしまいました。 べに花畑と桶川宿、いかがでしたか? 次回、又どこかでお会いしましょう。 お土産の「べに花まんじゅう」をご覧いただいてお別れといたします。

では、又♪

Photo_50 Photo_51

Photo_52

|
|

« 梅雨の晴れ間 其之五 桶川・べに花まつり♪ | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之七 七夕・紫陽花・かたつむり♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぶんぶんさんのブログは、いつも写真がいっぱいで細か~く紹介されていますね。
ブログアップに費やす時間はどれぐらいなんだろうっていつも思ってしまいます。
私なんか最近はなんか面倒になってしまって中々アップできないでいます。
ぶんぶんさんは文章能力もあるしたいしたもんだなぁっていつも感心しています。
最後のべに花まんじゅうは気になる一品ですね。

投稿: プラム | 2009年7月 1日 (水) 21時43分

プラムさん、こんばんは♪

過分なるお褒めのお言葉をありがとうございます。
写真もあまり多いと、少し手こずりますね。
無い知恵を捻り出しながらの絵解きにも、時間がかかってしまいます。
推敲しながらの脱稿はこの項目で3時間くらいでしょうか?

お酒が入ったら、もう無理です(笑)
いつもご覧いただきありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2009年7月 1日 (水) 22時55分

 相変わらず、見事な写真がいっぱいですね。アップするまで3時間はきついですね。

 でもおかげさまで、きれいな景色が見られます。

 桶川も古い町並みが残るいい町ですね。駅前に降りただけだと新しい建物が目立ちますが、歩いてみると歴史を感じさせるものがたくさんありますね。

 私も近くをゆっくり散策する時間を作りたいと思います。

 また、お邪魔させていただきます。

投稿: しのさん | 2009年7月 2日 (木) 17時32分

しのさん、こんばんは♪

桶川は新旧交じった家並みの街でした。
中仙道の宿場町の風情をそこかしこに感じました。

UPに3時間は、写真の選択も含めてですので、仕方ないですね。
キーを打つのも遅いですし(笑)
しかも、町の歴史など調べるときりがありません。
で、結局は使わなかったり・・・(笑)

いつも丁重なコメントをありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2009年7月 2日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/45495356

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間 其之六 中仙道・桶川宿♪:

« 梅雨の晴れ間 其之五 桶川・べに花まつり♪ | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之七 七夕・紫陽花・かたつむり♪ »