« 日暮し | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之壱 大宮公園「しょうぶ園」  »

2009年6月13日 (土)

築地・波除神社「つきじ獅子祭」♪

Photo

築地市場の神社「波除稲荷神社」のお祭が6月10日から始まりました。 直ぐ近く(徒歩3分位です)なので、昼休みお参りに行って来ました。

Photo_2

Photo_3 Photo_4 

場外市場の中通り、波除通りのどん詰まりに神社はあります。 市場の活気もここまでは届きません、ひっそりと佇んでいます。

Photo_5

Photo_6 Photo_7 

ちょうどこの日は「茅野輪くぐり」の日で左足から入って8の字を書くように3回回ると願が叶うそうです。

Photo_8

Photo_9 Photo_10 

弁財天社の中には「お歯黒獅子」が祭られています。 高さ2.2m、両耳幅2.5m 、総重量700kg、総漆塗り一木造りの立派なものです。 紅の肌地にお歯黒を施した雌の獅子です。

Photo_11

Photo_12 Photo_13 

逆光で少し観づらいかも知れませんが 、獅子殿に納まっているのが「厄除天井大獅子」です。 樹齢三千年の黒檜(ねず)の原木を用いた、高さ2.4m、幅3.3m、総重量1tの日本一の厄除大獅子です。 6月14日には、前出の「お歯黒獅子」と一緒に築地地区を巡行します。 本当はお祭りの様子をレポート出来れば一番良いのですが・・・すみません。

Photo_14 Photo_16 Photo_18

Photo_24

境内には沢山の「塚」があります。 「玉子塚」料理に使う玉子は築地でも厚焼き玉子等消費は一番です。 「すし塚」魚を使った寿司に感謝して、「鮟鱇塚」「活魚塚」・・・他にも色々ありますがこの位で「神輿殿」へ参ります。

Photo_28

Photo_29 Photo_30

見えますでしょうか、お神輿の前の3体の獅子が。 向かって左が「金獅子(雄)」真ん中が「赤獅子」右が「金獅子(雌)」です。 お神輿は今回留守番ですが、獅子3体は巡行に出ます。 獅子の半纏を着た市場の方もお参りに来ていました、信心深い方が多いのでしょうね。

Photo_31

Photo_32 Photo_33 

茅野輪をくぐって本殿へお参りです。 時間が無いので一回で勘弁してもらいました、こんな不信心ではご利益も望めませんね(笑)

Photo_34

Photo_35 Photo_36 

鳥居の前には「枝垂れ大銀杏」がそびえています。

Photo_37

Photo_39 Photo_40 

鳥居の左右には提灯がいっぱいです、氏子の皆さんのものに交じって獅子をデザインした神社の提灯も出ています。

Photo_41

Photo_42 Photo_43 

お昼休みもそろそろ終わり、テリー伊藤のお兄さんの「アニー伊藤」の玉子焼き屋さんの向いの「休憩所」のガシャポンで取った「木札の根付」をお土産に、職場に戻ります。

駆け足で回った「築地・波除神社めぐり」でした、では、又♪

Photo_44

|
|

« 日暮し | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之壱 大宮公園「しょうぶ園」  »

築地・銀座」カテゴリの記事

コメント

ぶんぶんさん こんばんは。
書いてくださったのですね 本当に良かったです。
「ぶんぶんの千夜一夜物語」が途絶えることなく
続いて行くことを心から嬉しく思います。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.
築地の古くからのお祭りレポートありがとうございます。
さすが食の街、美味しい物が沢山ありそうですね。

投稿: 更紗 | 2009年6月14日 (日) 00時16分

更紗さん、お早うございます♪

雨のち晴れ、の気分の良い金曜日の昼休み、footを伸ばしてみました。
波除神社は我社も氏子になっていて、団扇やお札をいただいています。
築地に勤めて一年半、初めてお参りしました。
今日の巡行は心配していた雨も何とか大丈夫な様で、盛大になるかと思います。
私は行けないのですが・・・

紫陽花の七変化、次回をお待ち下さいね。
サボテンの花が咲きました。
いつもありがとうございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2009年6月14日 (日) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/45328520

この記事へのトラックバック一覧です: 築地・波除神社「つきじ獅子祭」♪:

« 日暮し | トップページ | 梅雨の晴れ間 其之壱 大宮公園「しょうぶ園」  »