« 秋風サンポリング♪ | トップページ | 秋風サンポリング・蕎麦畑探索編♪ »

2008年9月20日 (土)

愛とビデオテープの日々♪

Dsc02872

性懲りも無く、死蔵品の公開です。 以前、「映画のプログラム」をご披露いたしましたが、そういえばビデオテープのライブラリーも、少しは有るなと思いました。 そこで今回はビデオテープの一端をご披露いたします。

P1040103 P1040106 P1040110 P1040111 P1040113 P1040115 P1040116 P1040117

先ずは、「必殺シリーズ」から。 最初は「必殺仕掛人」必殺・テレビシリーズの第一弾。 緒形拳、林与一、山村聰のキャストで、見事に「池波正太郎」の原作を映像化した記念碑的作品です。 続いて、「必殺仕置人」、ご存知「中村主水」(藤田まこと)の登場です。 以後、必殺の顔となるとは知る由も無い事でした。 棺桶の錠(沖雅也)の「手槍」や念仏の鉄(山崎努)の「骨はずし」という殺し技が新鮮でした。 次は「テレビ・仕事人スペシャル」ゲストに池内淳子を迎え、主水の初恋と当時竹藪から紙幣が発見されたニュースを取り入れた快作、鍛冶屋の政(村上弘明)が登場。 お次は映画版・必殺第一弾「THE 必殺!」レギュラーの飾り職人の秀(三田村邦彦)や三味線屋勇次(中条きよし)に加え片岡孝夫が仕事人でゲスト出演。 続いて「必殺!Ⅲ・裏か表か」組紐屋の竜(京本政樹)登場、ゲストに松坂慶子を迎える。 続く「必殺4・恨みはらします」深作欣二監督作品、ゲストに千葉真一、真田広之、等JACのメンバーと倍賞美津子。 「必殺!5・黄金の血」酒井法子、名取裕子、山本陽子の豪華ゲスト陣。 第6弾「必殺!・主水死す」遂にシリーズ完結!さらばムコ殿! テレビシリーズから23年、遂に中村主水の最期です。 ゲストに津川雅彦、鈴木清順、柏木由紀子を迎え堂々の完結です。

 

P1040118 P1040120 P1040122

犬神家の一族」ご存知!市川昆・金田一耕助シリーズ第一作。 「八つ墓村」金田一耕助シリーズ最終作。 一作目は石坂浩二、ラストは豊川悦司。 平成の金田一、浅見光彦「天河伝説殺人事件

P1040123 P1040125

懐かし編を二つ「快傑ハリマオ」と「忍者部隊月光」その当時一世を風靡した作品かと。

 

P1040128 P1040129 P1040131

ダイハード」シリーズ①②③ NYの刑事ジョン・マクレーン、LA、ワシントンD.C,、NYと自分の意思とは関わらず事件に巻き込まれてしまうツイテナイ男の必死の攻防を描く大ヒット作。

 

P1040132 P1040143 P1040144

スピード」キアヌ・リーブスの出世作。 「ミッション・イン・ポッシブル 2」トム・クルーズの新境地。 「ターミネーター」アーノルド・シュワルツェネッガーの大ヒット作、第一弾。

 

P1040135 P1040141 P1040153

懐かし系を3本、「マンハッタン無宿」アリゾナから犯人護送でNYに来た保安官の追跡劇を描くイーストウッドの出世作。 後の「ダーティハリー」の原点とも言えるドン・シーゲル監督との記念すべき一作。 「ブリッド」スティーヴ・マックイーンがサンフランシスコの街を突っ走るカーチェイスが魅力の作品。 「スター・ウォーズ」第一作、空前の大ヒットに。

P1040136 P1040138 P1040142 P1040145 P1040146 P1040152 P1040154 P1040137 P1040139 

アクション系をまとめて紹介。 「ロング・キス・グッドナイト」 ジーナ・デイビス&サミュエル・L・ジャクソンのノンストップアクション。 「ダイハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリンが監督。 「カット・スロート・アイランド」 同じくレニー・ハーリン監督が、ジーナ・デイビスを起用した海賊冒険物。 「ブラインデッド」かなりB級、監督も主役女優も無名(私が知らないだけかも?) のスペイン映画、女性テロリスト物。 何となく面白そうなので購入した中古ビデオ。 「絶体×絶命」アンディ・ガルシア&マイケル・キートンの刑事と凶悪サイコ犯が巨大病院を舞台に繰り広げるサイコ・サスペンスアクション。 「交渉人」サミュエル・L・ジャクソン&ケビン・スペイシー主演。罠にはまったシカゴ警察の天才人質交渉人、仕方なく人質をとっての立てこもり。 交渉役としてもう一人の天才交渉人を呼ぶが・・・ 二人の頭脳戦が手に汗握るサスペンスアクション。 「バットマン」マイケル・キートン主演、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガーをゲストに迎え新生バットマンの登場です。 「マトリックス」ご存知、キアヌ・リーブスの新境地、空前の大ブームに。 「ブレイド」ウェズリー・スナイプス主演の近未来ヴァンパイアハンター・アクション。 「バーティカル・リミット」のちに「バットマン」の相棒・ロビン役でブレークするクリス・オドネル主演の世界最高峰K2を舞台にした山岳レスキュー・アクション。 

 

P1040151 P1040147 P1040150

ボーン・コレクター」デンゼル・ワシントン&アンジェリーナ・ジョリー主演のサイコ・スリラー。 「依頼人」スーザン・サランドン&トミー・リー・ジョーンズ主演、ジョン・グリシャム原作の傑作法廷サスペンス。 身の危険に少年はたった1ドルで女性弁護士を雇ったが・・・ 「JFK」オリバー・ストーン監督がケビン・コスナーを起用して、1963年ダラスで起きたケネディ暗殺の謎に迫るドキュメンタリー・タッチの超大作、ビデオ2巻で190分。 

 

P1040156 P1040158 P1040160 P1040163 P1040164 P1040166

お待ちどう様! えっ待ってないって? まあまあ、ブンブンの好きなシリーズをご披露します。 ご存知、007シリーズです、全巻無いのが玉に瑕ですが・・・ ショーン・コネリー主演・シリーズ第2弾「ロシアより愛をこめて」シリーズ中最高傑作との評判の一作。秘密兵器のアタッシュケースが大活躍。 日本初公開時は「007/危機一発」のタイトルで。 第3弾「ゴールドフィンガー」世界の「金」を盗み金相場の操作をたくらむ巨大な陰謀に立ち向かうボンド、特殊武器満載の愛車「アストンマーチンDB5」が初登場。 第4弾「サンダーボール作戦」バハマを舞台に巨大犯罪組織「スペクター」との死闘を描く海中アクション編   3代目ボンドのロジャー・ムーア初登場、シリーズ第8弾「死ぬのは奴らだ」ブードゥー教の暗黒世界に挑むオカルト色たっぷりの一作。  5代目ボンド=ピアーズ・ブロスナンの第2作、シリーズ第18弾「トゥモロー・ネバー・ダイ」アクション女優=ミシェル・ヨー共演で送るノンストップ・アクション・エンターティメント。 シリーズ40周年・第20弾「ダイ・アナザー・ディ」ボンドガールにハル・ベリーを迎え、朝鮮半島から香港、キューバ、イギリス、アイスランドと世界を舞台にアクションが炸裂。

 

P1040167 P1040168 P1040169 P1040170 P1040171 P1040172 P1040173 P1040174

秋の夜長に、しっとりとヒューマン・ラブロマンスは如何でしょうか? 「オータム・イン・ニューヨーク」リチャード・ギア&ウィノラ・ライダー共演のラブ・ストーリー。 48歳になって初めて知った真実の愛、しかし22歳の彼女に残された時間はわずか一年・・・秋のセントラルパークが印象的です。 「恋におちたシェイクスピア」アカデミー賞最優秀賞を含む7部門を受賞したウイットに富み、セクシーなヒット作、豪華な顔ぶれも魅力。 「ユー・ガット・メー」トム・ハンクス&メグ・ライアン共演のロマンチック・コメディの傑作。 NYの片隅、運命のいたずらは、一通のEメールから始まった・・・  「タイタニック」レオナルド・ディカプリオの名前を不動のものにしたジェームズ・キャメロン監督の空前の大ヒット作。 上映時間196分、アカデミー賞11部門を受賞、総制作費240億円、と全てが型破りの超大作です。 「イングリッシュ・ペイシェント」アカデミー賞9部門を受賞、壮絶な愛を描くミスティリアス・ラブストーリー。 「シティ・オブ・エンジェル」ニコラス・ケイジ&メグ・ライアン共演のちょっぴり不思議な愛のストーリー。 「秘密の花園」奇才・フランシス・コッポラがF・バーネットの名作児童文学を、きめ細かく描いた珠玉の名作。 「ドライビング・Missデイジー」ジェシカ・タンディ&モーガン・フリーマン共演のハート・ウォーム・コメディ。  頑固な未亡人と陽気な運転手、コミカルでウイットに溢れる2人の会話とユーモラスな関係が暖かな感動を呼ぶ大傑作。

 

P1040175 P1040177 P1040178 P1040180

邦画の単発物を何点か・・・ 「ラジオの時間」好きな演出家「三谷幸喜」初監督作品。 ラジオドラマの生放送、わがまま女優のひと言でスタジオは大パニック! 「ホワイトアウト」真保裕一・原作ベストセラー小説を映画化。 織田裕二主演のノンストップ山岳アクション、日本版「ダイハード」  「もののけ姫」いわずと知れた宮崎駿監督・スタジオジブリ作品。 「アップルシード」士郎正宗の傑作近未来SFアクションコミックを「ガイナックス」が完全アニメ化。

以上、探せば未だ、どっかのダンボールにも入っていると思いますが、取り敢えずテレビ下のサイドボードに突っ込んでいたものを出してみました。 多少は思考回路の方向性がご理解いただけることと思います。 えっ、「ますます判らなくなった」って? う~ん、あれもこれもの「ぶんぶん」ですから仕方ないですね。 

いつも有難うございます、次回は「夢とDVDの日々♪」で、お会いしたいと思います。

では、又♪

P1040183

|
|

« 秋風サンポリング♪ | トップページ | 秋風サンポリング・蕎麦畑探索編♪ »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

ぶんぶんさん おはようございます

台風で足止めされた休日でしたか?
こちらは小雨が降った程度のあっけない
台風でした。。。でも
昨夜は大雨だったのですよ~~rain

「必殺シリーズ」から「アップルシード」まで
52本のビデオがTVボードに納まってたのですね!!
納めたビデオ取り出して見ることありました?(笑

007シリーズ懐かしいです
タイタニックもビデオの時代だったのですね
つい最近のような気がしていたのに・・・
私も見た作品幾つかありますhappy01
もっともレンタルビデオでしたが~~

DVDに代わった今、嵩張るビデオは思い出と共に
ダンボール行きですねhappy02
みっちょんさんも感心されてましたね
几帳面なぶんぶんさんの事
ダンポールもきっちり整理されてるのでしょうね
整理整頓が苦手な私、見習わなくちゃ~デスcoldsweats01


投稿: kei | 2008年9月21日 (日) 10時59分

わぁ~、懐かしいというよりなんでこんなに所蔵されているのでしょうか?
我が家は、ほとんどレンタルばかりなのでビデオもDVDありません。息子が最近お笑いのDVDを集めております。
ご紹介いただいたビデオ、DVDのうち10%ぐらいしか観てませんね。ただヒューマンラブロマンスだけは、レンタルしていますよ。映画館で観たものもあります。もう一度観たくなるもありますね。
例のbっくOFF(?)さんにだけは、いきませんように!

投稿: 本屋のオバさん | 2008年9月21日 (日) 11時43分

keiさん、こんにちは♪

いえいえ、「ビデオテープ編」は平日にしこしこ編集したものを昨日UPしたんです(笑)
昨日はこちらも台風一家、もとい台風一過の青空が広がる秋晴れの一日でしたよ~

という訳で、例の「蕎麦畑」を探しに行って来ました、その顛末は後程ご披露を。
その留守中に訪問される方のために、部屋の模様替えをした次第です。

ビデオの話・・・
手元にあると、その安心感からか意外と観ませんね。
たま~に、偶然家族が留守で時間が空いた時(ビデオデッキが居間にしかないので)に引っ張り出す事もありますが、年に何回かですね。

テープ・・・
ほとんどが中古です、何百円単位の値段だったと思います。
DVDの時代に新品のビデオは買いませんよね。
私も劇場かレンタルで済ましてしまいます、お気に入りが中古で出たら価格と相談して買う訳です。

ダンボール・・・
keiさんと同じですよ(笑)
だって、前の会社の私物やら処分本やらの箱が未だに未開封で部屋の隅にころがっていますもの。
ましてや、押入れの中のダンボールとなると・・・
ただ、どの箱に何が入っているかは判っているので引っ張り出すのは出来ますよ。
(引っ張り出しませんが・・・笑)

いつも有難うございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2008年9月21日 (日) 13時22分

オバさん、こんにちは♪

やっぱり映画が好きなんでしょうね(笑)
keiさんのご返事にも書きましたが、私も劇場かレンタルで済ましてしまいます、お気に入りが中古で出たら価格と相談して買う訳です。

たま~に、ふと観たくなるものもありますよ。
007や金田一さんなんか筋もカット割りも判っているのに、いざ見始めると見入ってしまうこともしばしばです(笑)
ちなみに、DVDも中古がほとんどです。

紹介したビデオ、DVDのうち10%ぐらいしか・・・
いや、今回は全てビデオなのです、ということは勿論DVDもご多分に漏れずあるのです(笑)
それは、また次の機会に・・・(汗)

いつも有難うございます。
では、又♪


投稿: ぶんぶん | 2008年9月21日 (日) 13時37分

ハーイ!ぶんぶんさん。
ご無沙汰です。
ちょっと、お疲れさんでした~笑。
沢山の映画を楽しまれたのですね。
愛とビデオテープの日々だったのですね。
よいこと、よいこと~~笑。
「ドライビング・Missデイジー」のような
ヒューマンドラマ、いいですね。
最近は、秋の夜長をヒューマンドラマで
過ごしたい思いでいっぱいです。
あらま、意外なことにイングリッシュ・ペイシェントなども見られているのですね。
ちょっと、記憶に残る作品ですね。
ではでは。

投稿: 更紗 | 2008年9月26日 (金) 22時28分

更紗さん、こんばんは♪

ご無沙汰でした、色々と行事が重なったようで「お疲れ様」でした。
秋の夜長のビデオ鑑賞会、「オータム・イン・ニューヨーク」など、引っ張り出したついでに観てしまいそうです。

「ドライビング・Missデイジー」のジェシカ タンディ、「フライドグリーントマト」で演じた「おばあちゃん役」も泣かせます。

いつも有難うございます。
では、又♪

投稿: ぶんぶん | 2008年9月28日 (日) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/42520773

この記事へのトラックバック一覧です: 愛とビデオテープの日々♪:

« 秋風サンポリング♪ | トップページ | 秋風サンポリング・蕎麦畑探索編♪ »