« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

買い物サンポリング♪

Dsc02625

うす曇の午後、買い物がてら駅前方面にサンポリングに行ってきました。 季節は完全に秋に変わっています、ダンガリーのワークシャツ一枚では肌寒い感じです。 女郎花の花が咲いています。

Dsc02624 Dsc02626 Dsc02623

女郎花の隣の花は・・・百合の花の様ですが・・・判りませ~ん(笑)

 

Dsc02621 Dsc02622 Dsc02629

コスモスの花を過ぎると突如、巨大サルスベリの樹が出現しました。 他所様の家の樹ですが、ちょっと近付いて写真に撮らせていただきました(お声は掛けませんでしたが・・・)

 

Dsc02627  Dsc02628_2 Dsc02636

何しろデカイ! 隣の家の庇は2階部分のものです。

 

Dsc02947 Dsc02948 Dsc02949

赤花に交じって黄色い「曼珠沙華」が咲いています、白に近いクリーム色といった感じです。曇り空の夕方だったので写真では白っぽく見えますが・・・

 

Dsc02950

では今宵はこの辺で失礼します、では、又♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月25日 (木)

夢とDVDの日々♪

P1040183

ビデオテープをご披露したので、ついでと言っては何なのですがDVDもご覧いただこうかと思います。

 

P1040182 P1040181 P1040186

最初は「無用ノ介」 さいとう・たかお/原作劇画のテレビ時代劇のDVD・BOX。 伊吹吾郎のデビュー作、それだけに脇を固めるベテラン陣が凄いです。 南原宏治、山形勲、吉田義男、御木本伸介、岡田英次、中村梅之助等々豪華ラインアップです。 止めは主題歌、美空ひばりが歌っているのです。BOXは①②とあるのですが、②までは余裕がありませんでした(泣)、だって定価で17,850円もするのですよ。 楽天で26%オフで購入しましたが、それでも高い道楽かと・・・

 

Dvd_2 Dvd_3

続いては、「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」クリント・イーストウッドのマカロニウエスタンの代表作。 共演のリー・バン・クリーフがいい味を出してます。 次は「荒野の七」 バーン・スタインのテーマ曲に乗って伝説の七人がやって来ます。 チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン等、以後ブレークした為、新人俳優の登竜門とも言われていて、続編が3作も作られています。 「レッド・サン」三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アランドロンの共演作。 007シリーズのテレンス・ヤングが監督した日仏米のスターを起用した「荒野のサムライ・ウエスタン」

 

Dvd_4 Dvd_5

ダーティハリー」クリント・イーストウッドの代表作、人気を呼んで続編が4作作られました。 「奴らを高く吊るせ」こちらもイーストウッド、復讐のために保安官になって舞い戻った男が復讐の果てに見たものは・・・ 「真昼の決闘」ゲーリー・クーパー/グレイス・ケリー、西部劇の代表作。 「ボナンザ」「カーライト兄弟」のタイトルでも有名な懐かしきテレビ西部劇。兄弟3人が異母兄弟という設定がユニーク。 ちなみに後半の2作はワンコイン(500円)DVDです。

 

Dvd_6 Dvd_7 Dvd_9 

ワンコイン(500円)DVDを続けて紹介します。 「ローマの休日」もはや説明不要、オードリー・ヘプバーンの名作 「 シェーン」こちらも、西部劇の不朽の名作、ラストの「 シェーン、カムバック~」のセリフはあまりにも有名です。 「快傑ハリマオ」「月光仮面」両シリーズ共10何巻あるのですが、買ったのは1巻のみ。 ストーリーではなく懐かしさで手元に置いておきたかったので。 「まぼろし探偵」若き日の吉永小百合の演技が初々しいです。こちらも1巻のみ。

Dvd_10 Dvd_11

オードリー・ヘプバーンの作品を「暗くなるまで待って」007のテレンス・ヤングが監督した傑作サスペンス・スリラー。 「シャレード」(ワンコイン(500円)DVD)こちらも巻き込まれ型のサスペンス。 007シリーズから二作品「007/ゴールドフィンガー」「007/ロシアより愛をこめて」 えっ、誰ですか、「ビデオテープ版も持ってたじゃない」と言っている人は・・・  こちらはアルティメットエディションでDVD2枚組、特典映像が魅力なのです。しかも、「ビッグカメラ」で半額の1350円、これは買わねばなるまいよ。 でも現在持っているのは二作品のみ、意外と小度胸のぶんぶんです(笑)

 

Dvd Dvd_2

ブルース・リーの作品 「燃えよドラゴン」「グリーホーネット」 「燃えよ~」はこの作品によってリーの名を不動のものにした代表作。 カンフーという単語が普及したのもこの作品から。 「~ホーネット」こちらはハリウッド修行時代のリーのテレビドラマ。 アメリカンコミックの映像化、リーは主役ホーネットに仕える空手の強い日本人運転手・加藤役の準主役でした。 リーの人気にあやかった便乗商品です(笑) スティーブ・マックィーンの作品を「ゲッタウェイ」サムペキンパー監督のスローモーション・スプラッタが印象的な悪漢(ピカレスク・ロマン)ドラマ。 「大脱走」 あまりにも有名すぎるので説明は略します、豪華キャストと脱走テクニックが魅力。

 

Dvd3 Photo

トゥームレイダー」アメリカンコミックのヒロインをアンジェリーナ・ジョリーが好演。大ヒットに続編が作られました。 「ターミネーター3」いわずと知れたアーノルド・シュワレツェネッガーの大ヒット作の第三弾。 美人ターミネーター(クリスタナ・ローケン)が綺麗で怖い、ある意味、女性の象徴かも(笑) 「E.T」 スピルバーグ、究極の宇宙愛・・・ファンタジーですね。 「ハリーポッターと賢者の石」良くも悪くもブームはここから始まった・・・記念碑的な作品。

 

Dvd_3 Dvd001

サウンド・オブ・ミージック」ジュリー・アンドリュースの素晴らしい歌声がアルプスの峰々にこだまするミュージカル映画の最高傑作。 「めぐり逢えたら」恋はクリスマス・イブに始まり、愛はバレンタイン・デーに訪れる・・・メグ・ライアンとトム・ハンクスが紡ぎあげるハートウォーミングなラブロマン。 「ショーシャンクの空に」スティーブン・キングの傑作小説を映画化、身に覚えの無い罪で投獄された主人公の「折れない心」を描く傑作、最後のどんでん返しが秀逸です。 調達屋を演じるモーガン・フリーマンの演技が光る。 「アメリ」壁に耳あり、障子にアメリ・・・じゃないか(笑) 少女アメリの不思議な体験、映像が何といっても綺麗です。

 

Dvd Dvd_2

ラストサムライ」トム・クルーズが日本人より深くサムライ魂を演じていました。 「あずみ」小山ゆう・原作のコミックの映画化、好評で続編も作られました。 上戸綾とオダギリジョーのラストの対決が見所です。 「バンパイアハンターD」菊地秀行・原作の小説をアニメ化。 ダンピール(吸血鬼と人間のハーフ)の“D”は凄腕の吸血鬼ハンター、今日もひとり敵を追う。 「耳をすませば」スタジオジブリ作品、カントリーロードの日本語訳詩版が新鮮な印象を与えてくれました。

以上、DVDコレクション一巻の終わりです。 以前に観たものでも、その時の心境で違ったものに観えてしまうのが不思議ですね。 昔見た映画も今観ますとまた違った印象に写る事と思います。 是非、見直していただきたいと念じつつ、お別れを。

いつもいつものお付き合い有難うございます。  では、又♪

P1040246

    

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年9月23日 (火)

お彼岸の中日♪

Dsc02919

今日は「お彼岸の中日」でした。 実家の墓参りに行って来ました。 巻頭の写真はやっと咲き始めたベランダの「帝王貝細工」です。 まだまだ小振りですが、一雨ごとに大きくなって行くことと思います。

 

Dsc02922 Dsc02925 Dsc02923

先ずは実家のお寺さんへ墓参り、ご覧の通りうろこ雲がくっきりの秋晴れでした。 少し汗ばむ陽気でしたよ。

 

Dsc02929 Dsc02928 Dsc02927

最初に桶に水を汲んで、無縁仏にもお線香を。 嫁いだ姉が20年近く眠る嫁ぎ先のお寺さんへも行ってきました。

 

Dsc02931 Dsc02933 Dsc02934_2

はい、到着です。 実家の墓とは車で10分とかかりません、お墓参りの車の列が渋滞しておりましたので、いつもより、若干時間がかかりましたが。 門前の銀杏の樹が立派なお寺です。

二つ合わせても集合時間から2時間もかかりません、帰りに小一時間ほど喫茶店で、近況報告をして最寄り駅で別れました。

久しぶりに帰路の中間にある少し大きな駅で途中下車、本屋めぐりをして来ました。

Dsc02935 Dsc02937 Dsc02941

自宅のある駅に降り立つと綺麗な夕焼けでした、明日も良い天気でしょう。

では、又♪

Dsc02943

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年9月21日 (日)

秋風サンポリング・蕎麦畑探索編♪

Top

9月20日(土) 台風一過の抜けるような青空の下、先週は空振りに終わった「そば畑」を探しに再度チャレンジいたしました。

 

1 2 3

前回は丈のある草のため見えなかったのですが、下草が刈られたサイクリング・ロードの道端に「曼珠沙華」の花がひと際目だって咲いていました。

 

4 5 6

ススキの穂も風に揺れています、斑入りのススキは今年も健在です。 いつもの場所で揺れていました。

 

7 8 9

途中まで、いつもの「ヘルシー・ロード」を行って「元荒川」に沿って上流へ向かいます。

 

10 11 12

目印の「妙楽寺」を右に農道を入ったところ辺りが「高虫のそば畑」なのですが・・・ 白い花が見当たりません。 またもや空振りかと、近くで農作業中の方に「そば畑はどの辺ですか?」と尋ねたところ、周りを指差し「この辺全てそば畑だ~」とおっしゃるではありませんか。 そういえば見慣れない草が畑いっぱい植わっています。 「で、でも10月5日が、そばまつりですよね、花は咲くのですか?」と聞きますと、「そばは生長が早いので大丈夫だろうよ」とのことでした。

 

13 14 15

ということで、まだまだ小さい(10センチ位の)「そばの赤ちゃん」を見ながら広い田園地帯をサンポリングして来ました。 場所の確認が出来た安心からか「近くの豆腐屋、遠くの蕎麦屋・・・」なんて、愚にも付かない事を口にしながらペダルを漕いでおりました。

16 17 18

この小さい双葉がそばの苗(?)です。 出発が遅かったので西日を浴びてきらきら輝いています。 でも、ここまで来たんだから「そばの華」もみたかったなあ~と、つぶやきながら愛車を走らせていると・・・

 

19 20 21

農道の端に、ひと株ふた株、花を着けている、そばを発見しました。 ほんとに小さな花でした。 少しの風にも揺らめいて接写もままなりませんでした。 「そばまつり」当日には真っ白に染まる畑をご覧いただけることと思います、乞ご期待を。

 

22 23 24

帰り道、鉄塔とバックの青空が綺麗だったので、ついパチリ! 向いの「八幡神社」も良い趣かと、パチリ! 少し走ったところに「石榴」の実を発見、これもパチリ!

 

25 26 27

途中、いたずら心で自分を、パチリ! 稲穂も早い田んぼは、刈り取られて藁が干されています。 この干し方もいろいろありますよね、昔は稲穂を干して脱穀したものですが、最近はコンバインで刈り取り、脱穀までしてしまう。 中には藁も刻んで田んぼに蒔いてしまうコンバインもあるそうです。 乾燥は乾燥機に入れて行うそうです、天日干しの方がお米に甘みが出るとの説もあり、ノスタルジーでしょうか、農家の方のご苦労も知らずに、天日干しに憧れるぶんぶんです。

 

28 29 30

帰路の途中、これまた先日の「コスモス畑」の前を通りましたら花が咲いてます。 まばらではありますが、点々といろいろな色が見られます。 一週間前は、ほんの10センチも丈が無かったのに・・・ この分では10月25日の「コスモスまつり」は花盛りでしょうね。 やはり、先週は流石に気が早すぎたのですね(笑) 最後の写真は「蚊帳吊り草」です。

 

31 32 33

コスモス畑を後にして一路農道を帰ります。 田んぼは黄金色のグラデーションがかかっています。

 

34 35 36

ここにも、「曼珠沙華」の花がひっそりと咲いていました。 雰囲気が明る過ぎるので一枚はストロボ無しで撮ってみましたが・・・

 

End

以上、「そば畑探索記」無事終了です。 そばの華満開のご報告は「そばまつり」までお待ち下さい。 いつもいつもの長口上にお付き合い、いただきまして有難うございました。

 

 

本日は追伸がございます。

37 38 39

そばの花・・・ 畑では風に邪魔をされてアップで撮れませんでしたので、一枝いただいて来てしまいました。 道に飛び出している枝だからと自分勝手な理屈を付けながら前籠に入れてしまいました。 家に着いたときは流石にグッタリとしていましたが水を遣って一晩経ったらご覧のように元気を取り戻しました(といっても、切り花ですので限界はありますが・・・) 花のアップ、少しは雰囲気を感じていただけるのではと思います。

では、今回の本当のお別れを。 次回またこのチャンネルでお会いしましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年9月20日 (土)

愛とビデオテープの日々♪

Dsc02872

性懲りも無く、死蔵品の公開です。 以前、「映画のプログラム」をご披露いたしましたが、そういえばビデオテープのライブラリーも、少しは有るなと思いました。 そこで今回はビデオテープの一端をご披露いたします。

P1040103 P1040106 P1040110 P1040111 P1040113 P1040115 P1040116 P1040117

先ずは、「必殺シリーズ」から。 最初は「必殺仕掛人」必殺・テレビシリーズの第一弾。 緒形拳、林与一、山村聰のキャストで、見事に「池波正太郎」の原作を映像化した記念碑的作品です。 続いて、「必殺仕置人」、ご存知「中村主水」(藤田まこと)の登場です。 以後、必殺の顔となるとは知る由も無い事でした。 棺桶の錠(沖雅也)の「手槍」や念仏の鉄(山崎努)の「骨はずし」という殺し技が新鮮でした。 次は「テレビ・仕事人スペシャル」ゲストに池内淳子を迎え、主水の初恋と当時竹藪から紙幣が発見されたニュースを取り入れた快作、鍛冶屋の政(村上弘明)が登場。 お次は映画版・必殺第一弾「THE 必殺!」レギュラーの飾り職人の秀(三田村邦彦)や三味線屋勇次(中条きよし)に加え片岡孝夫が仕事人でゲスト出演。 続いて「必殺!Ⅲ・裏か表か」組紐屋の竜(京本政樹)登場、ゲストに松坂慶子を迎える。 続く「必殺4・恨みはらします」深作欣二監督作品、ゲストに千葉真一、真田広之、等JACのメンバーと倍賞美津子。 「必殺!5・黄金の血」酒井法子、名取裕子、山本陽子の豪華ゲスト陣。 第6弾「必殺!・主水死す」遂にシリーズ完結!さらばムコ殿! テレビシリーズから23年、遂に中村主水の最期です。 ゲストに津川雅彦、鈴木清順、柏木由紀子を迎え堂々の完結です。

 

P1040118 P1040120 P1040122

犬神家の一族」ご存知!市川昆・金田一耕助シリーズ第一作。 「八つ墓村」金田一耕助シリーズ最終作。 一作目は石坂浩二、ラストは豊川悦司。 平成の金田一、浅見光彦「天河伝説殺人事件

P1040123 P1040125

懐かし編を二つ「快傑ハリマオ」と「忍者部隊月光」その当時一世を風靡した作品かと。

 

P1040128 P1040129 P1040131

ダイハード」シリーズ①②③ NYの刑事ジョン・マクレーン、LA、ワシントンD.C,、NYと自分の意思とは関わらず事件に巻き込まれてしまうツイテナイ男の必死の攻防を描く大ヒット作。

 

P1040132 P1040143 P1040144

スピード」キアヌ・リーブスの出世作。 「ミッション・イン・ポッシブル 2」トム・クルーズの新境地。 「ターミネーター」アーノルド・シュワルツェネッガーの大ヒット作、第一弾。

 

P1040135 P1040141 P1040153

懐かし系を3本、「マンハッタン無宿」アリゾナから犯人護送でNYに来た保安官の追跡劇を描くイーストウッドの出世作。 後の「ダーティハリー」の原点とも言えるドン・シーゲル監督との記念すべき一作。 「ブリッド」スティーヴ・マックイーンがサンフランシスコの街を突っ走るカーチェイスが魅力の作品。 「スター・ウォーズ」第一作、空前の大ヒットに。

P1040136 P1040138 P1040142 P1040145 P1040146 P1040152 P1040154 P1040137 P1040139 

アクション系をまとめて紹介。 「ロング・キス・グッドナイト」 ジーナ・デイビス&サミュエル・L・ジャクソンのノンストップアクション。 「ダイハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリンが監督。 「カット・スロート・アイランド」 同じくレニー・ハーリン監督が、ジーナ・デイビスを起用した海賊冒険物。 「ブラインデッド」かなりB級、監督も主役女優も無名(私が知らないだけかも?) のスペイン映画、女性テロリスト物。 何となく面白そうなので購入した中古ビデオ。 「絶体×絶命」アンディ・ガルシア&マイケル・キートンの刑事と凶悪サイコ犯が巨大病院を舞台に繰り広げるサイコ・サスペンスアクション。 「交渉人」サミュエル・L・ジャクソン&ケビン・スペイシー主演。罠にはまったシカゴ警察の天才人質交渉人、仕方なく人質をとっての立てこもり。 交渉役としてもう一人の天才交渉人を呼ぶが・・・ 二人の頭脳戦が手に汗握るサスペンスアクション。 「バットマン」マイケル・キートン主演、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガーをゲストに迎え新生バットマンの登場です。 「マトリックス」ご存知、キアヌ・リーブスの新境地、空前の大ブームに。 「ブレイド」ウェズリー・スナイプス主演の近未来ヴァンパイアハンター・アクション。 「バーティカル・リミット」のちに「バットマン」の相棒・ロビン役でブレークするクリス・オドネル主演の世界最高峰K2を舞台にした山岳レスキュー・アクション。 

 

P1040151 P1040147 P1040150

ボーン・コレクター」デンゼル・ワシントン&アンジェリーナ・ジョリー主演のサイコ・スリラー。 「依頼人」スーザン・サランドン&トミー・リー・ジョーンズ主演、ジョン・グリシャム原作の傑作法廷サスペンス。 身の危険に少年はたった1ドルで女性弁護士を雇ったが・・・ 「JFK」オリバー・ストーン監督がケビン・コスナーを起用して、1963年ダラスで起きたケネディ暗殺の謎に迫るドキュメンタリー・タッチの超大作、ビデオ2巻で190分。 

 

P1040156 P1040158 P1040160 P1040163 P1040164 P1040166

お待ちどう様! えっ待ってないって? まあまあ、ブンブンの好きなシリーズをご披露します。 ご存知、007シリーズです、全巻無いのが玉に瑕ですが・・・ ショーン・コネリー主演・シリーズ第2弾「ロシアより愛をこめて」シリーズ中最高傑作との評判の一作。秘密兵器のアタッシュケースが大活躍。 日本初公開時は「007/危機一発」のタイトルで。 第3弾「ゴールドフィンガー」世界の「金」を盗み金相場の操作をたくらむ巨大な陰謀に立ち向かうボンド、特殊武器満載の愛車「アストンマーチンDB5」が初登場。 第4弾「サンダーボール作戦」バハマを舞台に巨大犯罪組織「スペクター」との死闘を描く海中アクション編   3代目ボンドのロジャー・ムーア初登場、シリーズ第8弾「死ぬのは奴らだ」ブードゥー教の暗黒世界に挑むオカルト色たっぷりの一作。  5代目ボンド=ピアーズ・ブロスナンの第2作、シリーズ第18弾「トゥモロー・ネバー・ダイ」アクション女優=ミシェル・ヨー共演で送るノンストップ・アクション・エンターティメント。 シリーズ40周年・第20弾「ダイ・アナザー・ディ」ボンドガールにハル・ベリーを迎え、朝鮮半島から香港、キューバ、イギリス、アイスランドと世界を舞台にアクションが炸裂。

 

P1040167 P1040168 P1040169 P1040170 P1040171 P1040172 P1040173 P1040174

秋の夜長に、しっとりとヒューマン・ラブロマンスは如何でしょうか? 「オータム・イン・ニューヨーク」リチャード・ギア&ウィノラ・ライダー共演のラブ・ストーリー。 48歳になって初めて知った真実の愛、しかし22歳の彼女に残された時間はわずか一年・・・秋のセントラルパークが印象的です。 「恋におちたシェイクスピア」アカデミー賞最優秀賞を含む7部門を受賞したウイットに富み、セクシーなヒット作、豪華な顔ぶれも魅力。 「ユー・ガット・メー」トム・ハンクス&メグ・ライアン共演のロマンチック・コメディの傑作。 NYの片隅、運命のいたずらは、一通のEメールから始まった・・・  「タイタニック」レオナルド・ディカプリオの名前を不動のものにしたジェームズ・キャメロン監督の空前の大ヒット作。 上映時間196分、アカデミー賞11部門を受賞、総制作費240億円、と全てが型破りの超大作です。 「イングリッシュ・ペイシェント」アカデミー賞9部門を受賞、壮絶な愛を描くミスティリアス・ラブストーリー。 「シティ・オブ・エンジェル」ニコラス・ケイジ&メグ・ライアン共演のちょっぴり不思議な愛のストーリー。 「秘密の花園」奇才・フランシス・コッポラがF・バーネットの名作児童文学を、きめ細かく描いた珠玉の名作。 「ドライビング・Missデイジー」ジェシカ・タンディ&モーガン・フリーマン共演のハート・ウォーム・コメディ。  頑固な未亡人と陽気な運転手、コミカルでウイットに溢れる2人の会話とユーモラスな関係が暖かな感動を呼ぶ大傑作。

 

P1040175 P1040177 P1040178 P1040180

邦画の単発物を何点か・・・ 「ラジオの時間」好きな演出家「三谷幸喜」初監督作品。 ラジオドラマの生放送、わがまま女優のひと言でスタジオは大パニック! 「ホワイトアウト」真保裕一・原作ベストセラー小説を映画化。 織田裕二主演のノンストップ山岳アクション、日本版「ダイハード」  「もののけ姫」いわずと知れた宮崎駿監督・スタジオジブリ作品。 「アップルシード」士郎正宗の傑作近未来SFアクションコミックを「ガイナックス」が完全アニメ化。

以上、探せば未だ、どっかのダンボールにも入っていると思いますが、取り敢えずテレビ下のサイドボードに突っ込んでいたものを出してみました。 多少は思考回路の方向性がご理解いただけることと思います。 えっ、「ますます判らなくなった」って? う~ん、あれもこれもの「ぶんぶん」ですから仕方ないですね。 

いつも有難うございます、次回は「夢とDVDの日々♪」で、お会いしたいと思います。

では、又♪

P1040183

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年9月14日 (日)

秋風サンポリング♪

Top

秋晴れの昨日(9/13)、久しぶりのサンポリングに行って来ました。 そろそろ稲刈りのシーズンですね、出発地点の田んぼにもコンバインが入っていました。 そんな秋風の吹く午後に自転車に跨りました。

 

 1 2 3

もう既に、色付き始めた桜の葉を横目に見ながら軽快に走ります。 今日は去年行った「コスモス畑」に少し早い気もしますが出かけることにします。

 

4_3 5  6

道端に白い花がこぼれるように咲き誇っています。

 

7 8_2 9

すっかり色付いた稲穂がまるで寄木細工のようです。

 

11 12 13

栗の実もたわわに実っています、凄く大きいです。

 

14 15 16

いつもの道祖神(?)、今日はコスモスが脇を固めています。

 

17 18 19

はい、コスモス畑に到着です! えっ、全然咲いてません。 というより、未だ植え立てです。 丈が10センチくらいの若草が風になびいていました・・・  やはり、10月後半の「コスモスまつり」に合わせての栽培なのですね、少し(大分?)気が早かったようです(笑) 

 

20 21 22

気を取り直して、第二の目的地「そば畑」を探しに行こうと思います。

 

23 24 25

道の両側には、「ねこじゃらし」が揺れています。 

 

26 27 28

結局、「蕎麦畑」も見つかりませんでした。 (え~ん) 空約束で申し訳ございませんでした。 代わりといっては何ですが、コスモスの群生した場所がありましので、これをご覧下さい。 

 

29 30 31

韮の花(?)やヒマワリも咲いています。

 

32 33 34

少し走ったところに、百合の花に似た植物が・・・ 「緋扇(ヒオウギ)」でしょうか? 図鑑ではもっと緋色の花なのですが、花好きな方のブログにこの花を「緋扇」と書いていましたので・・・ どちらにしても、すごく目を引く綺麗な花でした。

「フォト蔵」でお友達の「せりかママ」さんより花名の訂正(ご教授)がございました。 「アルストロメリア」という南アメリカ原産のユリ科の植物ですって。 別名「インカのユリ」というそうです。 長野五輪の公式マークにも使われたとのこと。 謹んで訂正いたします。

 

35 36 37

サンポリングも終盤近く「キバナコスモス」の花が一叢咲いていました。 晩夏、いや確実に秋の気配を感じた久しぶりのサンポリング。 これからは陽射しも柔らかくなりますので横着しないで、ちょくちょく出かけようと思います。

またまたの長口上にお付き合い、いただきまして有難うございました。

では、又♪

 

 End

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年9月 9日 (火)

祝 40,000アクセス突破!感謝号♪

Cosmos002

いつも当ブログにお立寄りいただきまして有難うございます。

おかげ様で何とか40,000アクセスという大台を突破することが出来ました。 これもひとえに有言、無言で訪問して下さる皆様の後押しに他ならない事と感謝しております。 思い起こせば1年半前の4月に手探りで始めたブログです。 直ぐにネタ切れで尻尾を巻くことになるかも・・・なんて当初は考えていました。 しかし、「案ずるより産むが易し」のことわざどうり、いろいろな方たちに助言をいただき、何とかここまで来れました。 本当に有難うございました。

公私共にいろいろあった1年半・・・ 又、これからもいろいろあることと思います。 でも、この部屋はいつもと同じ安らぎの場を提供できればと考えています。 初心を忘れず、今までどうり、何も足さない何も引かない、千一夜を続けて参りますので、今後ともふらりとお気軽にお立ち寄りいただきますようお願いして、感謝の言葉とさせていただきます。

最後にもう一度、本当に有難うございました!

この娘も日頃のご贔屓に感謝しており、お礼をと申しておりますので顔見世だけですが、ご覧いただいてお別れとさせていただきます。

では、又♪

Dsc02743

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2008年9月 6日 (土)

メトロな日々♪

Photo

またまた、死蔵品のご披露です。 前職は営業部に所属していましたので、取引先に出掛ける機会が多々ありました。 そこで地下鉄を利用ということになり、その都度切符を買うのは面倒なので当時は「メトロカード」を買っていました。 今なら「SUIKA」や「PASUMO」を使っていたと思いますが・・・  という訳でタイムカプセルというほど古くは無く3~4年前の話です。

 

000

こんな路線図のカードでも勿論良かったのですが、どうせならカラフルなカードをと記念のカードが出ると購入していました。 未使用ならばそれなりの価値も出ているのでしょうが、冒頭に書いたとうり使用済みのため価値はありません。 でも、何故か使用後も捨てずに持っていました、それを並べてみたいと思います。

 

001

002

先ずは、台紙付きの日々  映画化記念カード。 上から、「鋼の錬金術師」 「ふたりはプリキュア」「機動戦士ゼータ・ガンダムⅡ」「はいからさんが通る」「ハウルの動く城」です。

 

003

「懐かしのヒーロー」 赤胴鈴の助と少年ジェットです。

 

004

サッカー物を2点、上戸彩ちゃんが地球型のボールをヘディングしています。 もう一つは「日本におけるドイツ」の記念カード。

 

005

シネマの日々 「地下鉄に乗って」「ラブ・コン」「ガメラ・小さな勇者たち」「蒼き狼・地果て海尽きるまで」「武士の一分」「子ぎつねヘレン」「マダカスカル」「出口のない海」

 

006

江戸と東京の日々 日本橋創架400年記念」「忠臣蔵」「浅草 鷲神社・酉の市」「江戸天下祭」 「enjoyTOKYO」-3種

 

007

ラブリーな日々 「野うさぎ」「犬」「リス」「犬」「犬」「エゾオコジョ」「猫」「猫」・・・こんなキャプションで良いのかな~(汗)

 

008

アートな日々 「Dance Tha Night Away 岡本玄介」「l’ange dansant MIHO」「ギリシア神話・ヘーラとゼウス」「ギリシア神話・アプロディーテー」「やさしさのちから・素敵な夜」「やさしさのちから・春がきた」「やさしさのちから・キリンの夜」

 

009

鉄道の日々 「さよなら東西線5000系」「つくばエクスプレス開業記念」「地下鉄博物館・開館20周年記念」「東京マラソン2007」(なんでここに?)「ゆりかもめ・かもめカード」「新型・有楽町線10000系」「世界の駅・スペイン マドリッド」

 

011

歴史的建物な日々 「時が語る場所・歌舞伎座」「時が語る場所・国会議事堂」「時が語る場所・旧岩崎邸 洋館」「時が語る場所・聖徳記念絵画館」

 

012

橋のある日々 「日本の名橋・栃木県 神橋」「日本の名橋・山梨県 猿橋」「日本の名橋・山口県 錦帯橋」  「東京の橋・清洲橋」「東京の橋・勝鬨橋」「東京の橋・永代橋」

 

013

アラカルトな日々 「読売ジャイアンツ70周年記念」「赤鼻のトナカイ」「デジタルアート・夏」「東京ミレナリオ2005-2006」「浅草サンバカーニバル」「隅田川花火2003」「坂本冬美・新橋演舞場 初座長」

 

014

他の乗り物な日々 「JRイオカード・SNOOPY」「JRイオカード・プーさん」「JRイオカード・ミッキーマウス」 「東急電鉄・天城路もみじまつり2006」「西部鉄道・秩父 羊山公園 芝桜の丘」

以上、メトロカード一巻の終わりです、またまた、長丁場になってしまいました。

又のお越しをお待ちいたしております、では、又♪

 

Photo

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »