« ベランダ、その後 | トップページ | ひなと散歩 »

2007年5月20日 (日)

Photo_183

先日、行った「菖蒲神社」の藤を描いてみました、なかなか、うまくはいきませんね。

花房をもっとたくさん描き込めば藤棚の雰囲気も出たかと思いますが、根っからの根性無しと、遠景で成功した例がないのでついついUPに頼ってしまう。

ところが、UPにしたら「カトレア」みたいになってしまいました。トホホ・・・

まっ、「ただ今修行中」ということで大目に見てやって下さい。

|
|

« ベランダ、その後 | トップページ | ひなと散歩 »

アート」カテゴリの記事

コメント

私のなかでは、藤の花のイメージは“千条の花房”
アップより重なり合う花房の長~い全容の方が
好きかなぁ~・・と
自分では書けないくせに
何好き勝手な事言ってるって(*´□`*) ゴメ~ン
でも、色はとても綺麗~♪
真ん中の花びら「ほたる」が光ってるみたい

芸術してますね~(*∩∩*)
私も自分で書くのは無理だけど・・手始めに
「大人の塗絵」からでも始めようかな(^^;

投稿: kei | 2007年5月20日 (日) 13時50分

「私のなかでは、藤の花のイメージは“千条の花房”~」
やっぱりね~、そうだよね。
ちょっとしんどいけど、鈴なりの花房を描こうかな?
でも、庭のバラも今描かないと時期を外しちゃうし、シャガや矢車草も面白そうだし・・・

描きたい欲求と描ける時間、描き上がった物の出来具合、と三つも悩みがあるんです。
まあ、下手の横好きと長い目で見て下さい。

「大人の塗絵」待ってま~す♪
ところで、「大人の折り紙」も流行ってます。
紙幣を使うんです、知ってました?

有難うございました♪

投稿: ぶんぶん | 2007年5月20日 (日) 18時23分

わあ~綺麗!
藤の花のUPって、こうなってるんだぁ~と
思わず見つめてしまいました。
絵を描くようになって、花びらの一枚一枚の重なりにも目が行ってしまう私です。
それでも描けなくてアバウトになってしまいますけどね・・・笑
   
横レス~~~~。

>「大人の塗絵」からでも始めようかな(^^;
   
わお~~~keiさんもやる気になってる~~♪
私も、花の「大人の塗り絵」持ってますよ。
時間がなくてあまり塗れていませんが、とても色づかいの参考になるのですよ。
  
>ところで、「大人の折り紙」も流行ってます。
紙幣を使うんです、知ってました?
   
え・・・・・・・・・・・・・・・?

投稿: まき | 2007年5月20日 (日) 20時28分

ふたたび・・こんばんは~

まきさんも大人の塗絵持ってるんだぁ~
実はね・・田舎の母に持って行ったついでに
自分用にお花の1冊買ってあるんです(^^;

>ところで、「大人の折り紙」も流行ってます。
紙幣を使うんです、知ってました?
   
え・・・・・・・・・・・・・・・?

うっそ~??紙幣使って折り紙ですか?
知らない・・「大人の塗り絵」買ったときお隣に
折り紙の本もたくさん並んでて“素敵だなぁ~”
って眺めてたんだけど・・
紙幣使ったのは見かけなかったよ
やっぱり折り紙も綺麗な色紙がいいと思うけど・・

投稿: kei | 2007年5月20日 (日) 20時48分

まきさん、こんばんは♪
やっぱり、難しいですね、藤は、いえ藤も・・・
最初は葉っぱも入れようなんて無謀なことを考えていました。
重なり合う藤棚は微妙なコントラストで、あのグラデーションは最初から無理とあきらめました。
アップもイマイチ、バックの色を最後まで悩みました。

「大人の折り紙」はkeiさんへのご返事で一緒に答えます。
次回は(も)がんばります!

投稿: ぶんぶん | 2007年5月20日 (日) 22時00分

keiさん、再びのご来場有難うございます。
「大人の塗り絵」もう、持ってらっしゃるのですね。
それなら、塗らねば、ネバーギブアップで・・・
なんちゃって。

はい、「大人の折り紙」は遊びのコミュニケーションを前提とした代物です。
紙幣を折って「夏目漱石」にターバンさせたり「目玉の親父」「かに道楽」など「駄洒落的」なネーミングで遊ぶオリジナルの折り紙です。
最初はブログで流行ってたらしいけど、最近は本も出ています。

ということで、まきさんへのご返事も一緒にさせていただきました。
では、又。

投稿: ぶんぶん | 2007年5月20日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/15134667

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ベランダ、その後 | トップページ | ひなと散歩 »