« ベランダの風景、その後。 | トップページ | 菖蒲神社にレッゴー! »

2007年5月 4日 (金)

気分はもうカントリー

最近読んだスローライフ&土いじりの本を紹介します。

先ず、最初は「こちら北国、山の中」-農家の嫁の事件簿-

文&イラスト 三上亜希子 (小学館)                                  

Photo_110

サブタイトルでも 判るように、農家に嫁いだ都会のお嫁さんの奮闘記。

埼玉県から岩手の山の中、3世代6人と牛10頭、犬、猫、ヤギが2匹ずつの農家に大学院生がお嫁さんに。

携帯は圏外、コンビにまでは車で一時間半。

だけど全然悲惨じゃない、春から冬まで農家の一年を面白可笑しくユーモラスに綴った心癒される一冊。

イラストや写真がいっぱいのオールカラーの楽しい本。大人気のブログに書き下ろしを加えて書籍化。

読み終わると田舎(農家)もいいもんだなと思わず言ってしまいます。                   

Photo_111 次は、「とりぱん」

作・とりのなん子 

会社員生活でストレスがたまりすぎ、漫画家を目指しなんのアテも無く退職。

1ヶ月半後に締め切りという講談社「MANGA OPEN」に応募、見事「大賞」を獲得、「週刊モーニング」連載決定という強運を持つ作者のデビュー作にして現在連載中の故郷で鳥を見たり、花を見たりの生活をのんびり、ゆったり描いたコミックスです。

今月第三巻が刊行予定。                                          

F1000014_1 「GREEN」-農家の嫁になりたい-

二ノ宮和子(全4巻)

クラシックマンガ「のだめカンタービレ」でブレイクした、同作家の初期作品。

農家の青年に一目ぼれした女子大生の恋のアタックを著者独特のユーモアとペーソスを交えて描く農村ラブストーリー。

「のだめ~」より、切れのあるテンポに最終巻まで一気に読んでしまいます。

3作品に共通するものは、明るく元気でちょっぴりドジな主人公とそれを温かい眼で見守る周囲の人たちとの交流です。

日頃「コンクリート・ジャングル」でアクセク働いている方に読んでいただきたい作品です。

では、又。

|
|

« ベランダの風景、その後。 | トップページ | 菖蒲神社にレッゴー! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ほ~~。。
っと読み進んだら、コメントがひとつもない~あらら~笑
なかなか面白そうな本ですね。
いつか読める日のために、リストアップしとこ~~~。
この、表紙もぶんぶんさんがお描きになったのですか?
結構、細かい部分もあって難しそうですね。
お仕事もありますのに、何時描いてるのかな?

投稿: まき | 2007年5月 7日 (月) 17時57分

まきさん、ありがとう♪
本の紹介なんて、やっぱり自己満足なんだな?
って、思っていたんです。
確かに薦められて読むものだとは思いませんが、気が付かないと縁がない事もありますよね。
どんな本なんだろうと思ってくれればいいかな?と考えて載せた次第です。

梨木香歩の「西の魔女が死んだ」も、最近知ってすごく感動しました。
会社のお姉ちゃん方に貸して回し読みをしてもらい、皆んな感動してました。
どっかで目にして、手にとって見ようかが、大事かと思います。

最近、これからの人生で何冊の本が読めるかなっと思います。
こんな沢山の本の中で好きな本だけでも読みきれないと思っています。
本を選ばなくてはいけないですね。
出来ればほんとによい本だけを・・・

絵は自作です、横着して3作一枚の紙に描いたため、アップにしたらボケボケでした。
土、日の昼下がり空いた時間にちゃっちゃっと遣っ付け仕事でした。

「葉桜の~」の時はブログを書いていて、ふっと思い紹介したいは、絵は描かなくてはとブログが一時間ほど停滞してしまいました。
我ながら馬鹿だなあ~と思いました。

いろいろやりたいこといっぱいのぶんぶんでした。


投稿: ぶんぶん | 2007年5月 8日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208446/14944117

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はもうカントリー:

« ベランダの風景、その後。 | トップページ | 菖蒲神社にレッゴー! »